ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2005年2月5日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。
夕べ眠れずに
失望と戦った。(笑)


というか、バイトあるから
早く寝なければならないのに、
オンラインのアイデアが
浮かびまくって眠れなかった。


中でも これ面白そうじゃないか
と思ったのが、


『いっき オンライン』

である。


あのゲーム、
何面まであったかは忘れたが、
プレーヤーがみんなして一揆に参加する
というものである。


最大で100人くらい集まって
(やっぱ画面チラつくか?)
1面からスタートする。


敵にやられたら
コンティニュー無しで、即ゲームオーバー。

つまり死亡である。


死亡したらその後のいきさつを
覗くことはできない。
(後の結果だけは知ることはできるが)


1面にかせられたノルマを達成したら、
ステージクリア。
(さすがに小判7枚くらいゲットしただけじゃ
 物足りないだろうから
 これは他の条件に変えた方がいいだろう)


次に、2面、3面へと続いていく。


最初は簡単だったステージクリアも、
プレーヤーの人数が減っていくに従って
難しくなってくる。
(この辺は敵キャラによって
 ゲームバランスをとる)


そして最終ステージでは
ラスボスみたいなキャラ
(悪代官さま?)を用意。


最終ステージで、
一番最初に このラスボスを倒した人が
チャンピオンに認定される
というものである。


追加要素として、
既存のステージ以外にも様々なステージ、
新たな敵や お邪魔キャラを用意したり
武器も作ったりしてもいいかもしれない。


もしこれが好評なら、
次世代機等で
本格的な一揆ゲームを作ってみたら、
面白いものができるかもしれない。



…妄想は続く。

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
最大100人参加ってことは、100人規模じゃないと勝てない官軍などがいるわけだね。
最低は何人からパーティが組めるんだろう?少人数でも倒せる敵はいるのかな。

レベルアップっていう概念はある?敵を倒してお金やアイテムが手に入った場合、パーティの間でどのように振り分けたらいいんだろう。
武器や防具を作るとなると、材料の調達をどうすればいいだろう。森で木を切ったり、山で獣の皮をとったりするとか。ただ、その場合獣を倒さなくちゃいけないから、そのためのパーティを集めないといけないかもね。

疑問点ばっかりで失礼しました。
2005/02/06(日) 11:11 | URL | ぶーたん #-[ 編集]
多分レベルアップは無いだろうね。
メンバーが集まらなければ一人一揆。
各メンバーはランダムに配置された家に振り分けられそこからスタート。
100人いるなら、話し合って、
最大の100人で結束して突撃もあるだろうし
上手くいかなければ20人の部隊5組、とかもあると思う。
武器はじゃあ途中で落ちている小判を拾ったりしてゲットして(1ステージに拾える枚数は限られている)
武器屋や防具屋で買ったりしようか。
一番強い武器はやっぱ鉄砲かなー。
ファミコン版意識してダイコンとか邪魔キャラ封じとか道具屋で買えてもいいかも。
2005/02/06(日) 15:06 | URL | Dotama #-[ 編集]
ちなみに画面は縦スクロールですか?w
2005/02/06(日) 22:54 | URL | ぶーたん #-[ 編集]
えっ、スクロールするんですか?
ファミコン版はなかったけど…
2005/02/07(月) 00:33 | URL | Dotama #-[ 編集]
スクロールは冗談です・゚・(ノД`)・゚・
何十人もの農民がうわー!って突進していく様子をリアルに再現するとなると、最近のゲームでは三国無双のプレイ画面がdotama構想に近いんじゃないですか?
2005/02/07(月) 01:35 | URL | ぶーたん #-[ 編集]
そうだね、俺あのゲーム動いてるの見たことあるだけで実際にはプレイしたことないんだよね。
あのゲームもオンライン版があったような…
集団で何かに向かって突進していくのって、
多分面白いよ。
味方の鉄砲に殺されたりね。
(な、なにをするきさまー!)
2005/02/07(月) 02:19 | URL | Dotama #-[ 編集]
それで意図的に味方を殺したりするとなんか笑える。PK(プレイヤーキル)だね。
でもそれはあり得る。実際の戦争なんかも結構誤爆で死んでるし。
2005/02/07(月) 12:19 | URL | ぶーたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/79-fcab961c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック