ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


黄金キセル 

機種ファミリーコンピュータ
メーカーコナミ
発売日
 1990年1月5日
価格6,980円
何ゲー?がんばれゴエモンの
ロールプレイングゲー
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

ゴエモンが装いも新たに登場だ!!

これまで 陽気なアクションとして
大人気だったゴエモンが
装いも新たに
RPGとなって登場しました。

今までは一匹狼だった
ゴエモンですが、
なんと今作では
3人もの仲間を引き連れて
盗まれてしまった
黄金キセルを探す旅に出ます。



大技林のゲーム通信簿75点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

経験値やお金を稼いで、
キャラクターを強化しながら
先へ先へと進めていく、
オーソドックスなRPGで、
そこに ゴエモンの世界を
はめ込んだような
スタイルのゲームです。


無難に じっくり遊べる
一本なんだけれど、
ゲーム全体のバランスが
いまいち 整っていない感は
否めません。


ゲーム中には 遊び心も
散りばめられていて、
楽しいゲームなんだけれど、
遊びにくさも
所々に感じた作品でした。



がんばれゴエモン外伝
コナミ (1990-01-05)
売り上げランキング: 6,611


スポンサード リンク


きえた黄金キセル 攻略






アクションゲームとしての
『がんばれゴエモン』作品は
これまでにも いくつか
こなしてきてはいたのですが、
RPGのゴエモンについては
未だ遊んだことがありませんでした。


最近、プレイ動画や
生放送の配信で
やっているのを見て
自分もちょっと、
遊んでみたくなったので
この間、3DSの
バーチャルコンソール
ダウンロードして
遊んでみることにしたのです。



ゲームの難易度は低めで、
キャラクターを
しっかりと育てながら
進めていけば、
それほど苦労せずに
先へ行くことができるので
1度遊び始めると
つい、止め時を忘れるかのように
ぶっ続けでプレイしてしまいます。



ところが、
先述のレビューでも書いたように
遊んでいるうち、問題に思える点も
いくつか見えてきます。



まずダンジョンが広いんですね。


ゲーム中、どのダンジョンも
なかなかのボリュームが
あるのですが、
最初のダンジョンからして
かなりの広さなのです。


このゲームは
エンカウント率が不安定で
全体的にも
割と高めな方ですし、
通常の歩行スピードも
遅いですので、
1つのダンジョンを攻略するのに
かなり時間がかかります。


ただし、救済点として
一定時間
弱い敵が出なくなったり、
歩行スピードが速くなったりする
アイテムが存在するので、
これらを使うことによって
少しは攻略するのを
楽にすることができます。


しかしながら
その戦闘そのものにも
問題があって、
このゲームでは
1度の戦闘にかかる時間が
長くなりがちなので、
ダンジョンを攻略する時間、
および フィールドを
移動する時などには
かなりの時間を費やすことに
なります。


戦闘時間は
長くかかるのですが、
普通に戦っていれば
敵から受けるダメージも
それほど高くは無いので、
ほぼ問題無く勝てます。


ボス戦も同じです。
ただし、時々
いきなり瀕死クラスの
ダメージを受けることがあり、
自動戦闘ばかりに頼っていると
いつの間にか
仲間が死んでいた!
なんてこともザラです。


なので、割と簡単に
ゲームを先へ進めていくことは
できるのですが、
とにかく時間がかかりがち
なのです。



あと 気になったのは、
敵から貰える経験値や
お金の割り振りですね(


3分くらいかかった戦闘で
貰える経験値よりも、
1分くらいで終わった
割と楽な戦闘の方が
経験値が たくさん貰えた、
なんてことも多いです。


こんな感じで、戦闘を含めた
ゲームバランス面に対して
遊んでみて ちょっと、
不満が残りました。



とは言え、さすがゴエモン。

プレイヤーを楽しませてくれるような
遊び要素が作中には満載で
そんな道中の苦労も
忘れさせてくれたりします。



RPGは ゆっくり、
じっくり進めていきたいという方には
おすすめできる1本だと思います。





エンディングのあの場面では、
ちゃんと
A・Bボタンを連打しましたヨ。
( ◠ ‿ ◠ )

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6622-ecc75fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック