ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
前回の記事



残った42作品を
メーカー・ジャンル毎に
固めてみようと思う。



任天堂(アクション・5本)

『スーパーマリオワールド』
『星のカービィ スーパーデラックス』
『スーパーメトロイド』
『スーパードンキーコング2
 ディクシー&ディディー』

『カービィボウル』


任天堂(レース・2本)

『F-ZERO』
『スーパーマリオカート』



任天堂(RPG・3本)
アクションRPGを含む。

『MOTHER2 ギーグの逆襲』
『スーパーマリオRPG』
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』



任天堂(S・RPG・1本)

『ファイアーエムブレム 紋章の謎』


任天堂(アドベンチャー・3本)

『ファミコン探偵倶楽部PART2
 うしろに立つ少女
(スーパーファミコン版)』
『平成 新・鬼ヶ島 前編』
『平成 新・鬼ヶ島 後編』



任天堂(シミュレーション・1本)

『パイロットウイングス』


任天堂(パズル・3本)

『マリオのスーパーピクロス』
『カービィのきらきらきっず』
『パネルでポン』




カプコン(アクション・3本)

『超魔界村』
『ロックマンX』
『ファイナルファイト』



カプコン(格闘・1本)

『スーパーストリートファイター2』


カプコン(RPG・1本)

『ブレス オブ ファイア2 使命の子』



スクウェア・エニックス(RPG・4本)
アクションRPGを含む。

『聖剣伝説2』
『ファイナルファンタジーⅤ』
『ロマンシング サ・ガ3』
『ライブ・ア・ライブ』



スクウェア・エニックス(S・RPG・2本)

『バハムートラグーン』
『タクティクスオウガ』


スクウェア・エニックス(シューティング・1本)

『ダライアスツイン
 DARIUS TWIN』




コナミ(アクション・3本)

『悪魔城ドラキュラ』
『がんばれゴエモン2
 奇天烈将軍マッギネス』
『魂斗羅スピリッツ』



コナミ(シューティング・1本)

『Pop'nツインビー』



バンダイナムコ(アクション・1本)

『スーパーワギャンランド』


バンダイナムコ(アドベンチャー・1本)

『学校であった怖い話』



アトラス(RPG・1本)

『真・女神転生』



サンソフト(アドベンチャー・1本)

『クロックタワー』



スパイク・チュンソフト(サウンドノベル・1本)

『かまいたちの夜』



パオン・ディーピー(RPG・1本)

『ヘラクレスの栄光3
 神々の沈黙』




アークシステムワークス(スポーツ・1本)

『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』



カルチャーブレーンエクセル(RPG・1本)
アクションRPGを含む。

『スーパーチャイニーズワールド』

スポンサード リンク


メーカー別で見ると

任天堂が 18本

カプコンが 5本

スクウェア・エニックスが 7本

コナミが 4本

バンダイナムコが 2本

アトラスが 1本

サンソフトが 1本

スパイク・チュンソフトが 1本

パオン・ディーピーが 1本

アークシステムワークスが 1本

カルチャーブレーンエクセルが 1本


やはり 任天堂のソフトが
多いですね。



ジャンル別に分けると、

アクションが 12本

RPGが 11本

シミュレーションRPGが 3本

シミュレーションが 1本

シューティングが 2本

アドベンチャーが 5本

レースが 2本

パズルが 3本

格闘が 1本

スポーツが 1本

サウンドノベルが 1本


アクションRPG
渋滞していますね(



これを見ると、
1本しか無いジャンルは
確定にしても良いのでは、
と思います。


なので

『パイロットウイングス』
『スーパーストリートファイター2』
『かまいたちの夜』
『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』


の4作品は
確定したいと思います。
(残り26本)



次にアクションですが
ファミコン版では 22本
圧倒的な収録数であり、
扱いやすいジャンルであるので、
全て入るのではないかと踏みました。


なので、

『スーパーマリオワールド』
『星のカービィ スーパーデラックス』
『スーパーメトロイド』
『スーパードンキーコング2
 ディクシー&ディディー』
『カービィボウル』

『超魔界村』
『ロックマンX』
『ファイナルファイト』

『悪魔城ドラキュラ』
『がんばれゴエモン2
 奇天烈将軍マッギネス』
『魂斗羅スピリッツ』

『スーパーワギャンランド』

の12本を
確定させたいと思います。
(残り14本)



次に アドベンチャーですが、
任天堂『平成 新・鬼ヶ島』のように
前後編で分かれているものは
収録してこない気がしたので
外すことにしました。


『ファミコン探偵倶楽部PART2
 うしろに立つ少女
(スーパーファミコン版)』

は 確定に入れました。
(残り13本)


つづく

関連記事

スポンサード リンク

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6587-8aea45aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック