ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
スクウェア
 発売日 1987年12月18日
価格5900円(税別)
 何ゲー?もう1つの
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
FF

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

4人の光の戦士の物語

ドラクエ一辺倒だったファミコンのRPGに現れた、
もう1つの波であったのが
この 『ファイナルファンタジー』です。

作中に盛り込まれた 様々なアイデアが
ユーザーの心を捉えました。

作品の主な特徴としては、戦闘場面でのアニメ処理と
演出性の高いイベントにあります。

1作目では、特に タイトル画面の出方の演出が有名です。


ドラマチックなイベント

このゲームでは、
人との会話や駆け引きによるイベントの進行が
とても 面白く作られています。

全てのイベントが、プレイヤーを
物語の中に引き込む要素となっているのです。


1_20170202013736a47.jpg 2_20170202013742ce5.jpg
        ↑そいつは大変だ             ↑あの橋を~渡るとき~


大技林のゲーム通信簿85点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


ファイナルファンタジー
スクウェア (1987-12-18)
売り上げランキング: 9,007


ファミコン ファイナルファンタジー
スポンサード リンク




私が初めて遊んだ『ファイナルファンタジー』は、
スーパーファミコンで登場した、『ファイナルファンタジーⅣ』からでした。

そして 初めてクリアーしたFF作品も、
『ファイナルファンタジーⅣ』でした。

私とFFとの付き合いは、4作目から始まったのでした。


そして、ファミコン版のFFをやり始めたのは
5作目が出たくらいの頃だったかな?

順番としては 2を一番始めにやって、
その後に 1、そして最後に 3だったかと思います。


そうやって歴史を さかのぼってのプレイだったせいか、
1での、オープニングシーンは特に印象的でしたね。


1のストーリーの始まるんだ、というよりかは
FF全てがこのシーンから始まったんだなという気がしました。


ゲーム開始時に職業が選べたり、
自分で使う魔法を買うことができたり、
セーブ機能が付いていたりと
システム面が凄く整っていた作品なんだと改めて思います。


個人的に、店で流れるBGMが癒しの1曲です。


だれだいっ?
だれだいっ?
だれだいっ?

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6547-8ffa8fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック