ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
バンプレスト
 発売日 1995年9月1日
価格12800円
 何ゲー?リアル等身ロボット
シミュレーションゲー
 おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
バトルロボット列伝

CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
ザブングルやエルガイムなど
数多くのロボットアニメのキャラクターが登場する
シミュレーションゲームです。

高さの概念を導入した、クォータービューのマップが特徴となっています。

連続するシナリオをクリアーしながら
ストーリーを進めていきます。


1_20161127014422cc3.jpg 2_20161127014427bb0.jpg
        ↑機体がリアルだ              ↑誰だ、君は?ってか


大技林のゲーム通信簿77点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


バトルロボット烈伝
バトルロボット烈伝
posted with amazlet at 16.11.26
バンプレスト (1995-09-01)
売り上げランキング: 30,604


バトルロボット列伝
スポンサード リンク




このゲームのことを過去に振り返ることが無かったせいか
内容に関しては かなり忘れてしまっています(

プレイ動画で見返してみて
どんなゲームだったか、だいぶ思い出しました。


ただ、この『バトルロボット列伝』については
中学生くらいの頃の思い出があって、
冬休みだったかな?
当時の同級生が うちに遊びに来ていて
その日、徹ゲーして このゲームをクリアーしようぜ!ってなったんです。


2人で協力して進めていくのではなく、
ゲームが2つのデータに分かれていたので
それぞれ 私と、その同級生とで
手持ちのデータを分けて プレイ開始しました。


1つ目のデータで 私が何章か進めて、セーブ。

そして 同級生にコントローラーを渡し、
今度はその同級生が、2つ目のデータを使って
ゲームを 最初から進めていく、という形です。


そうやって何度かのバトンタッチを繰り返しながら
私、良いところまで行ったんですよ。

もう 終盤だったのかな?(深く覚えてないけど)

なので、次の回を楽しみにして
とりあえず、また同級生にバトンタッチして休憩に入りました。


休憩していた隣の部屋で、その当時再放送をやっていた
『機動戦士ガンダム』を見ていたんです。

『小さな防衛線』の回だったと思います。
(これはなぜか覚えているぞ)


見てたら 突然、隣で同級生がゲームをやってる部屋から

「やべえ!」

という、焦りながらの大声が聞こえてきたのです。


何が起こったかと、すぐに隣のゲーム部屋に入って
そいつを問いただしてみると
間違えて 私の使ってた方のデータに
セーブデータを上書きしちゃったと。





( ᐛ )パァ


後日 気持ち切り替えて、頑張ってクリアーしました。
(そんな簡単では無かった記憶があります)


昔、私が徹夜でやったゲームの中で印象深く残っているのが
ファミコンの『ロードマン』と、
この『バトルロボット列伝』ですね。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
ブチギレ
お久しぶりです。

第4次にハマったので
この作品も買ったんですが前後の概念があるのに背後を攻撃しても戦闘時は前部、ガッカリしましたねぇ…

特に印象的だったのは
オペレーターがブチギレるんですよね。
キャラとしては面白いものの魅力的ではない(笑)
2016/12/03(土) 05:55 | URL | 髭人 #JalddpaA[ 編集]
お久しぶりです。

「ブチッ!」
とか言って 送られてきたメンバー
みんなにキレるんですよね(笑)

私もプレイ動画を見直して
そんなキャラいたなぁ、って思い出しました。

まだ記事にはあげていませんが、
当時はこの後に『魔装機神』もプレイしております。
2016/12/04(日) 00:25 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6501-2d6b977b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック