ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
エポック社
 発売日 1993年2月19日
価格8000円
 何ゲー?
 おすすめ度
to_0020_00.png

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
藤子・F・不二雄の人気コミックが原作のアクションゲームです。

ゲームには のび太の町編と、妖精の国編の2つがあって
のび太の町編では アドベンチャーゲームのように
町で情報を集めた後で
アクションゲームをこなすような構成になっています。


1_20161124012734842.jpg 2_20161124012740482.jpg
        ↑のび太はどこに?             ↑ジャンプが難しい


大技林のゲーム通信簿67点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


ドラえもん のび太と妖精の国
エポック社 (1993-02-19)
売り上げランキング: 11,825


ドラえもん のび太と妖精の国
スポンサード リンク




エポック社のゲームって
面白いゲーム多かった印象があります。

このゲームに熱中し過ぎていたせいでしょうか?


この『ドラえもん のび太と妖精の国』
少しだけ遊んだことがあるゲームですが、
『ドラえもん』っていう、
かわいらしくて 子供向きなキャラクターを扱ったゲームなんですけど、
ゲーム自体は そう簡単では無かった覚えがあります。

ファミコンの『ドラえもん』も 手強かっただけに、
あんな夢やこんな夢も
そう簡単に 不思議なポッケで叶えてくれそうにないということですかね。


進んだ先々で手に入るひみつ道具を使って
新しいステージに挑戦できるようになったり、
のび太の住む町を 探索できることが面白かったですね。


今回 プレイ動画で通して見てみたのですが、
終盤の、町の上を飛ぶシーンは
何だかちょっと、感動してしまいました。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6497-0b2c2a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック