ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
任天堂
 発売日 1990年11月21日
価格8000円
 何ゲー?スーパーファミコンと
同時
発売ゲー(マリオ)
 おすすめ度★★★★★★★★★☆
SMWTitle.png

神おす認定!


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
魔王クッパにさらわれたピーチ姫を救うため、
今度は恐竜ランドを舞台に マリオが冒険に出発します。

マントで空を飛んだり、恐竜のヨッシーと協力して
変化に富んだステージを 次々とクリアーしていきます。


大技林のゲーム通信簿86点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント
コントローラーのボタンが増えて
その分、操作が複雑になるのかと思えば
ゲームを遊んでいる間に 自然と馴染んでくる感じ。

マントの使い方は 最初難しいかもしれないけれど、
慣れれば あら不思議、
まるで 本当にマントを空に開いて
空を浮遊しているかのような感覚。


スーパーマリオワールド
任天堂 (1990-11-21)
売り上げランキング: 1,129


スーパーマリオワールド 攻略

スポンサード リンク




スーパーファミコン本体の話は
いつかの記事で書いたような気がするので
細かい思い出話はカットします(笑)

ただ、発売日当日に スーパーファミコン本体が買えず
電気屋さん(現・エディオン)に寄ってみたら
たまたま設置してあったスーパーファミコンの試遊機で
泣く泣く遊んだ時のことは 今でも思い出します。

その時、初めてスーファミのコントローラーに触れたのですが、
不思議と マリオを操ることができましたな。


「分かる… 分かるぞ…!」


自分の中では 一気に自由度が広がったマリオ作品といった感じです。

最初に遊ぶステージも 選ぶことができるようになっていましたし、
1度クリアーしたステージも やり直しが効き、
隠しステージへの道を探す楽しみもできました。

スペシャルコースなんてのも用意されていましたね。


マントマリオで空を飛んだり、
自称スーパードラゴン・ヨッシーを使って
より高い場所へと ジャンプできるようにもなりました(扱いが雑)


スーパーファミコンのローンチタイトルとして、
個人的には 文句無しの作品だったと思っています。


ゲームとは別に、
当時『スーパーマリオワールド』とコラボした、
キリンレモンのCMが 久しぶりに見てみたかったのですが、
動画を探しても、見つかりませんでした(


…残念。




…と思ってたら あった!


1:28頃から

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6454-c5d9d048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック