ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
 機種
スーパーファミコン
 メーカー
タイトー
 発売日 1995年2月24日
価格9980円
 何ゲー?パズル解き
ロールプレイングゲー

 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
エストポリス伝記II

激おす認定!


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
世界を手に入れようとする4人の神と、
7人の勇者が戦うストーリーのロールプレイングゲームです。

前作のオープニングが 実は今作のエンディングという、
ストーリー面での繋がりも持っています。


大技林のゲーム通信簿76点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント
例えば、『ゼルダの伝説』は
パズル要素のある アクションRPGだったけど、
この『エストポリス伝記Ⅱ』は
パズル要素のある RPGといった感じ。
RPGそのものも 楽しいんだけど、
それ以外の部分でも 面白い所が満載なのです。


エストポリス伝記2
エストポリス伝記2
posted with amazlet at 16.03.30
タイトー (1995-02-24)
売り上げランキング: 8,238


エストポリス伝記II 攻略


スポンサード リンク


このゲームを振り返って
このゲームを遊んだのは まだ最近のことでしたね。
未だ人気作なので、中古でも なかなかの値段がしましたよ(^ ^;)

前作、『エストポリス伝記』を遊んだのが 発売された頃だったので
約20年経ってから 続編をクリアしたことになります。


レトロゲームとは言え すごく快適にプレイできたのが印象的でした。

最近の携帯機のゲームでは サックサクに、
軽快に ゲームが進められるように作られていたりするのですが、
この『エストポリス伝記Ⅱ』も それくらいに戦闘がすごくサクサク進められました。

楽しく遊ぶのに テンポって重要ですね。


ストーリーの繋がりがあるとはいえ、1作目を遊んだ方にとっては
違和感のあるシステムだったのではないでしょうか。

大きく変わったのは ダンジョンですね。

シンボルエンカウント方式で、
しかも 各ダンジョンを突破するには
なかなか 手強い謎解きをしていかなければなりません。

中には 凄く考えなければならないものもあって、やり応え十分です。


こういった 新たな要素の他にも、
カプセルモンスターといった マスコットキャラ?的なのもいたり、
(正直 私はあまり使いませんでしたが)
古の洞窟 という、
ゲームの中に もう1つ違うゲームが入っていると言っても
過言ではないくらいの要素もあったりして
本編以外での ハマリ要素が多く用意されているのが特徴です。


そして、前作のエンディングで 私 感動したのを覚えているのですが、
今作でも ばっちり感動致しました。


ゲームを通しての満足感は 非常に大きかったように思います。(個人の感想)
さすが 名作と言われているだけのことはあるなぁ、と。

関連記事

スポンサード リンク

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6399-2958c545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック