ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク



監督/宮崎駿 公開/2001年 上映時間/124分 製作国/日本


日本で1番ヒットした作品なのに
TVでやってるのを ちらっとくらいしか見たことが無いという、
それくらい映画を見ない、自分です。

最近ふと 有名な映画くらいは抑えておきたいと思うようになって、
この間行ったレンタル屋で どれを見ようか迷った末に
選んだ作品が 『千と千尋の神隠し』でした。

何かちょっと前に TVでジブリやってたしね。


この映画を見てたら、
自分、『ファイナルファンタジーⅦ』をやってるような気分に浸れたんです。
プレステのゲームです。

映画を見ているのに、ゲームをやってる感覚というのかな。
だから 見ていて楽しかった。


『FFⅦ』も、もう随分と昔のゲームだし
発売当時にしか遊んでいないから 内容は忘れかけてるけど
雰囲気がRPGっぽかったんだと思います。
あくまで、雰囲気だけど。


あと、文学とか映画とかの作品において
トンネルってのは やっぱり
異世界へと繋がる、不思議な空間の役割をするんだなぁってのは思いました。

トンネルと言えば、すぐに『雪国』が思い浮かぶけど。


現実世界のトンネルでも、入ってみると そんな気がしたりするもんね。
特に長いトンネルだと 果ては別次元へと続いてるかのような。


作中では いろんなメッセージが散りばめられているんだろうけど
これがなかなか 分かりそうで分からない。

たぶん、1度見ただけじゃ 自分の中では
『FFⅦ』の雰囲気に似た映画って感じだけで終わってしまうので
これから見る回数重ねていく度に
この映画のいろんな良さが 更に分かっていくんだと思います。


見た後に こういうことを思わさせてくれるから、
ジブリ作品って 何度でも見られるんだろうな。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6377-5e505ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック