ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
データイースト
 発売日 1993年3月5日
価格9500円
 何ゲー?戦車と人間の
ロールプレイングゲー2

 おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
メタルマックス2

おすすめ認定!


ゲームプレイ動画(実況あり)

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
近未来が舞台のRPGです。

戦車に乗って戦う3人と 犬1匹の旅の目的は、
世界最強のモンスターハンターに なることなのですが…

前作よりも自由度が高く、ストーリーとは関係無いところに
時間とお金を費やして浸れるところが、このゲームの楽しみです。


大技林のゲーム通信簿80点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
このゲームについてレビューをするのは 正直、とても難しい…!
とにかく自由度が高いので、
いわゆる、おつかい型RPGが好きだという人には 向かないと思う。
逆に、そういうRPGが嫌いだという人には
★プラス1~2くらい、おすすめできる作品。
たまには ファンタジックじゃないRPGも、いかが?


メタルマックス2
メタルマックス2
posted with amazlet at 15.06.17
データイースト (1993-03-05)
売り上げランキング: 12,561


攻略情報
攻略/『METAL MAniaX』さま
攻略/『RPG Data Library』さま

スポンサード リンク


このゲームを振り返って
このゲームは 小さい頃から気になってはいたんだけど、
ゲーム雑誌で画面を見て、『ドラクエ』みたいな雰囲気ではないし
昔ながらの、「冒険するぞ!」的なRPGっぽさが感じられず
それがどうも やる気に繋がらなくて、結局 遊ばなかったソフトでした。


で、つい最近 ついにこの『メタルマックス2』をプレイすることにしたのです。

『メタルマックス』シリーズとしても、初めて遊ぶことになりました。
いわゆる、『メタルマックス』初心者です。


事前知識がほとんど無いままの、プレイ開始。

…大変でした。


攻略サイトなど参考にさせてもらいましたが、
それでも 「次に何をすればいいのか」、だとか
「この状態異常は どうやって回復するんだ?」とかが分からず
説明書も 手元に無かったものですから、
序盤は いろいろと調べながら、
否、『メタルマックス2』というゲームを 勉強しながらのプレイになりましたね(


どこへ行って、何をしてもいい。

『ロマンシング・サガ』などが 自由度が高いRPGと言われていますが
このゲームは それ以上だったかもしれません。

私は、どちらか言えば
「次に何をしなさい」
と、指示されるようなRPGが好きなので
このゲームは 確かに楽しいんだけど、
それよりも、「大変だった」というのが プレイ後の正直な感想です。

なので、自由度が高いRPGを求めている方で
このゲームをやったことが無い、という方には とてもおすすめしたいです。

『ドラクエ』みたいな、ファンタジー路線のゲームではありませんが。(^ _ ^;)
メカばかりの、崩壊した近未来が舞台です。


戦闘では 生身でも戦えますが、戦車(クルマ)を使うと、これが強いんです。

だけど維持するのが 大変だったりします。
弾の補充だとか、戦車の改造だとか。
そういった細かなメンテナンスも 必要となってきます。

戦車の改造をとことん極めたり、ゲーム中に登場するアイテムも豊富なので
それらを収集したりと、やり込みプレイ要素も満載ですよ。


テッドブロイラー。
(この下、ちょっとネタバレ要素 含むかもしれません)

この敵については、昔見たゲーム雑誌とかに載っていたので知っていました。

ゲーム開始直後に 負けイベントで
こいつには コテンパンにやられてしまいます。


RPGなどでよくある?展開が、
序盤で苦戦した敵を 後半くらいになって再び登場した時に
強くなった主人公たちが 逆に打ちのめす!というものですが、
この敵に至っては、やっぱりゲーム後半に戦うことになるのですが、
とにかく、強い。

…昔 遊んだ人、「みんなのトラウマ」だそうです。
私も、何とか勝つことができましたが…
(その時の模様は いつかのツイートで。。。)


なので、ネット上などで見かける
「あなたの印象に残っているボスキャラは何?」とかいう質問などでは
よく、このテッドブロイラーが挙げられるみたいですね。

確かに、こいつは その外見からしても印象に残ります。
忘れられない。


他に印象的だったのは、死体のグラフィック(若干、怖い!)とか
エンカウントして、戦闘BGMが いきなり通常のものとは変わって
お尋ね者が 現れた時とかかなぁ。


あと、ポチがやられる度、
「ポチィ~~~ッ!」
と (心で)叫んでいました。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6240-14736598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック