ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
ナムコ
 発売日 1995年12月15日
価格11800円
 何ゲー?ナムコの本格
ロールプレイングゲー
(歌付き)
 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
テイルズオブファンタジア タイトル

激おす認定!


CM

プレイ動画(実況あり)

プレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
48メガの大容量ロムによって、戦闘でのキャラクターの音声はもちろん
オープニングには 歌声まで入っています。

横スクロールアクション感覚で攻撃する戦闘シーンが特徴的です。

ストーリーは、現在・過去・未来で構成されています。


大技林のゲーム通信簿86点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
何より驚いたのは スーファミのゲームなのに
電源を入れた途端、歌が始まったこと!
歌あり、声ありで スーファミの進化を感じたゲームでした。
戦闘の難易度が高めなので、RPGに慣れていない人には
あまり おすすめできないのが残念。


テイルズ オブ ファンタジア
ナムコ (1995-12-15)
売り上げランキング: 12,106


海外でのゲーム名
Tales of Phantasia


攻略情報
攻略/『攻略館』さま
攻略/『E t e r n a l - G -』さま
攻略/『RPG Data Library』さま

スポンサード リンク


このゲームを振り返って
この頃のゲームは メガ数が多いと
きっと凄いゲームなんだろうな、というワクワク感がありました。
メーカーも、それをセールスポイントにしてましたね。

『ファイナルファンタジーⅥ』が 24メガだったので、
48メガってのは その2倍な訳だし、
相当凄いんだろうなと 思ってはいたんだけど、
まさかキャラクターが喋りまくりで、なおかつ 歌まで付いているとは。


ビジュアルも綺麗だし、ゲームシステムも豊富。
やり込み要素もあったりで、値段は確かに高いかもしれないけれど
価格に見合った、満足できる作品なのでした。


ただ、このゲーム 戦闘バランスがきついのが難点なんですよね(

後のリメイク作品(私はいずれも未プレイ)では 改善されているらしいのですが、
初代・SFC版は 通常戦闘でも決して気を抜くことは許されません。

うっかりしてると、敵が「ハメ技じゃねぇの?」と言いたくなるような攻撃をしてきて、
プレイヤー側は何もできないまま、ゲームオーバーになることが しばしばです。
個人的に印象に残っているのは、ラストダンジョンにいる 目玉みたいなやつ!


去年の暮れ頃に、ゲームが発売された1995年以来
約20年ぶりに、この『テイルズ オブ ファンタジア』を遊び直しました。


RPGって、ゲーム的には これくらいの作品が
(個人的にはですが)ちょうど良い面白さなのではないかと、改めて思いました。


この頃に発売されたRPGを、
既プレイ・未プレイに関わらず、もっとこなしていけたらいいな。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6170-e8e14cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック