ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2015年2月10日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
PCエンジンCDロムロム
 メーカー
ハドソン
 発売日 1991年8月30日
価格6800円
 何ゲー?
 おすすめ度
聖竜伝説モンビット タイトル

CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
プレイヤーは ドラゴンを卵の状態から育てていき、
やがて一緒にパーティを組んで 冒険していきます。

5つの大陸を巡って 5人の邪王を倒し、
邪王ギールを倒すのが目的です。


大技林のゲーム通信簿76点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


わくわく

ドキドキ


聖竜伝説 モンビット 【PCエンジン】
日本物産 (1994-09-16)
売り上げランキング: 27,634

聖竜伝説モンビット 攻略

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
「調べる」コマンドが 「念波」なんですよねー。

最初、
「あれっ、このゲーム 調べるコマンド無ぇの?」
なんて思ってしまいました。


竜を育てていくというコンセプトは
こちらのゲームと 似たものを感じます。

ただ、『モンビット』の方が より正統派RPGだと思います。


かわいらしい竜が、ちょこんと顔を出した印象的なパッケージで
小さい子向けに、易しめに作られているRPGなのかと思いきや
このゲームの1番の難点が
戦闘バランスの悪さなんですよね。

正直、易しくはなかったです。


レベルがある程度上がって、
そして 次に訪れる町で売っている より良い装備をしっかり整えると、
戦闘が楽になるという具合のバランス。


なので、その準備が整うまでの間の戦闘は
通常のザコ戦でも かなり苦戦する場面が続くかと思います。


そのくせ、エンカウント率が異様に高いので
ゲームをやるのに 粘れるかどうかも、
クリアーするために 必要な要素となってくるのではないでしょうか。

私は この点がダメで、結局途中でプレイを中断してしまいました。
プレイ動画を見て 最後まで内容の確認はしましたが… (^ ^;)


そうだ、あと ハドソンのゲームだからと 
LVアップした時に 味方が回復するのかと思いがちだけど、
このゲームでは それが無かったことも辛いところです。


ドラクエタイプの戦闘シーンでは珍しく?
敵に 前列や後列の概念があったり、
登場するキャラクターはアニメチックで 親しみやすかったりするのだけど、
もう少し、全体的に ゲームバランスさえしっかり調整されていればな…
と思った作品なのでした。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6135-e50a73e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック