ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
スクウェア
 発売日 1996年2月23日
価格11400円
 何ゲー?ドラマティック・アクション
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
ガンハザード タイトル

激おす認定!




ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
『フロントミッション』で登場したヴァンツァーを操作して
敵と戦っていくアクションRPGです。

ゲーム中は、「フレンド」と呼ばれるキャラが登場して
主人公をサポートしてくれます。


大技林のゲーム通信簿75点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
『フロントミッション』はシミュレーションだったけど、
このゲームは、アクションなんです。
ゴリ押しでも進められるけど、きちんと操作しないと
持っている武器は使いこなせない。
やりたいことができず、「キーッ!」となったりして
自分の力量を感じさせられることも。


これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ
『フロントミッション』のようなシミュレーションゲームではなく
今作はアクションゲームとなっています。

『フロントミッション』は 最初から最後の方まで硬いムードのゲームでしたが、
今作では 仲間の、特にブレンダの存在が内容を明るくしているように思えます。


登場する仲間は、フレンドと言って 戦場に連れていくことができ
それぞれサポートしてくれる内容が違います。

ところが、思ったより活躍してくれないので
「お前何してんだ!」
と思わず突っ込みたくなる場面も そのうち出てくるかもしれません(


ヴァンツァーから降りても戦えますが、生身だと なかなかきついです。
時々、ヴァンツァーを降りないといけない場面も出てきます。


上手く操作できなくても、道中は ある程度ゴリ押しでも進められるのですが、
特に、ラスボス戦では 武器の選定や、操作もそれなりにできないと
攻略するのは難しいのではないかと、私的には そう思いました。

フロントミッションシリーズ ガンハザード
スクウェア (1995-02-23)
売り上げランキング: 16,630

スポンサード リンク


このゲームを振り返って
ネタバレしてほしくなけりゃ コメント欄に
「どたま最高!」 って書けよ

あと10かぞえる間だけ 待ってやらァ

10…9…8…7…
ヒャア がまんできねぇ 0だ!


「そんなことをすれば
 ブログの読書が 減ってしまうぞ!」





マップ中、会話イベントが始まっても 主人公を動かすことができるので
ヴァンツァーを降りて 他の登場キャラに被せて
しゃがみまくってましたね(笑)

しゃがむと、なぜか音が鳴るのが面白かった。


価格は11400円とありますが、
このゲーム、当時 地元のゲームショップで
かなり安くなって チラシに載っていたので
買いに行った記憶があります。

知人が『バハムートラグーン』を買っていたので、
その後、自分の持ってた『ガンハザード』と交換して 遊びました。
この頃は スクウェアのゲームばっかり遊んでましたね。


海外でのゲーム名
Front Mission Series: Gun Hazard

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6114-f77281c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック