ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


 機種
スーパーファミコン
 メーカー
スクウェア
 発売日 1995年2月24日
価格11400円
 何ゲー?ドラマティック
シミュレーションRPG
(脳みそ)

 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
フロントミッション タイトル

激おす認定!




ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
”ヴァンツァー”と呼ばれる機動兵器を操って戦闘を行う、
近未来の戦争を舞台にした シミュレーションゲームです。

戦闘場面だけではなく、シナリオ面にも重点が置かれています。


大技林のゲーム通信簿81点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
シブい。戦場に、笑いは要らない。そんなシナリオ。
最初のうちは、機体のカスタマイズなどに戸惑うかもしれないけど
これが分かるようになってくると、自分で考えながら
いろいろいじれるようになってくるので、面白くなる。
戦法が ある程度パターン化してしまいがち。


これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ
レビューで書いたことの繰り返しのようになってしまいますが、
どんな戦争ものの作品でも、少しは入れてあるような
笑いの要素が ほとんどありません。

終始、硬いムードの話が続きます。


機体のカスタマイズ場面では、各キャラクターが乗る機体を
町で買ったり、戦場で獲得したパーツを組み合わせて
自分で考えたオリジナルの機体を作り出すことができますが、
重量オーバーになると 出撃ができなくなるため、
決められた重量を超えないように考えなければなりません。


あと、このゲームではアルファベット表記が多いので
英語が苦手な人は ご注意を。(^ ^;)

フロントミッション

スポンサード リンク


このゲームを振り返って
SKILLが整いだすと 難易度が下がってくるんですよね。
序盤から中盤にかけては 割ときつかった。

このゲーム、最近遊び直したんですけど
昔 遊んだ時、「こんな難しかったっけ?」と思いました。

当時は かなり簡単だったような気がしていたのですが
それは思い込みだったようで、SKILL取ってからの記憶が
残っていただけだったようです。


マシンガンで敵のパーツを 根こそぎ撃ち落とした時は爽快ですね。


…プレイし直すと、当時は全く気にも留めなかったことにも目がいきます。

有名なのはカレンデバイスですね。
『フロントミッション』という作品が こんなゲーだったなんて
当時は 思いもしませんでした。

小さい頃はとにかく、
「ゲームで楽しめればいいや」
的なノリで遊んでいましたので、
中身なんて ほとんど頭に入っていなかったようです。


そういった内容を理解した上で見た
あのラストシーンは、特に印象的でした。


最後に、今回も 当ブログの記事を読んで下さり、センキュー!


海外でのゲーム名
Front Mission

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6106-71b9fe64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック