ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2015年1月2日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

カブキロックス タイトル

機種スーパーファミコン
メーカーアトラス
発売日
 1994年3月4日
価格9,800円
何ゲー?歌舞伎風ロールプレイングゲー
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
おすすめ


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

主人公のロックは、
一流の歌舞伎役者を目指す
江戸っ子です。

江戸時代と現代の文明が
合わさったような世界を舞台に、
将軍・天斎の悪行を正すため、
個性豊かな仲間と共に戦います。



大技林のゲーム通信簿74点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

プレイヤーに、
RPGを楽しんでもらおうという
制作者の熱が
遊んでいて伝わってきました。


ゲーム中、いろんなアイデアが
随所に詰め込まれていて
思わず感心してしまいます。


敵がよく逃げたり、
エンカウント率が高めなのが
少々 ネックかと思いました。



これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ

階層世界の作品って、
ゲームでもアニメでも
何だかワクワクしますね。


このゲームは 凧揚げの凧ような、
変わった形をした世界を
冒険することになります。



ばっちり、
オーソドックスなRPGなのですが
所々に 面白い
オリジナル要素が
詰め込まれています。


戦闘画面は
ゲームタイトルにもあるような、
歌舞伎の舞台のようになっていて、
戦闘終了後には おひねり
客席から飛んでくる演出で
お金を手に入れることになります。



歌武器

魔法のようなもので、
ある程度LVが上がってから
町にあるカラオケボックスに通うと、
新しい歌武器を覚えていきます。


主人公のロックは、
作曲することができて
楽譜に音符を乗せることで
奏でられたメロディにより
特定の歌武器を
使えるようになるのですが、
適当に音符を乗せても、
思いがけない歌武器を
覚えることがあります。



他にも、プレイヤーの設定次第で
エンカウント率の
上げ下げが出来たり、
歩行スピードを変えたりできて
いろんな所に
ゲームがより楽しめるような
配慮がなされています。



オーソドックスなRPGが
好きな方には おすすめの1本です。



なお このゲームについては、
以前 別記事にて
簡易攻略チャート
作成しておりますので、
これからプレイを検討されている方は、
よろしければ 参考にして下さい。



カブキロックス


スポンサード リンク


カブキロックス 攻略






このゲームは
昔よく パチンコ屋の景品で
見かけた覚えがあります(笑)

それが気になって、
後になって 遊んだ作品でした。



なかなか面白いのに、どうしてか
メジャーになれなかった
作品であるという印象を受けます。


自分も この作品については、
パチンコ屋で知ったくらいだから
当時 あまり
宣伝されていなかったのかな?



明るいノリだったのが、
途中で いきなり(反転で表示↓)
仲間が死んでいったのには
びっくりでしたね()


あと、ラスボスよりも
その直前のボスの方に
苦戦したのが思い出深いです。



エンディングでは
登場人物の名前と
年齢が表示されますが、
全員 若すぎ! と思いました(笑)

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
積んでいます
このゲームは積んでいますが・・・発売当時プレイしているはずですが
クリアした記憶が全然ないです(^^;
年内にプレイできればって感じですね、おひねりは覚えてるんですが
それ以外全然思い出せません
2015/01/03(土) 11:40 | URL | ねむりねこ #-[ 編集]
私にも積みゲーがあります
RPGは長いので 途中でゲームをいったん止めたりすると、
続きをやる気が なくなってしまうのですよね。

なので、私はRPGをプレイする時には極力、
ラストまで 続けるようにしています。

この『カブキロックス』に似たようなゲームで
『天外魔境ZERO』という作品がありましたが、
そちらは 私も昔途中まで進めたきり、
途中のままになってしまっていますね(^_^;)

カセットは未だ持っているので
いつかリベンジできたらなと思っています。
2015/01/03(土) 21:51 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6102-54218f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック