ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2014年9月19日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
PCエンジン
 メーカー
ナムコ
 発売日 1990年7月13日
価格6800円
 何ゲー?
 おすすめ度
ベラボーマン

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
業務用から移植された、コミカルなアクションゲームです。

ボタンの押す長さによって、ベラボーマンの手足や
首が伸びる長さも変わるのが特徴です。

登場する敵キャラクターも、ベラボーマンに勝るとも劣らない
おかしな奴ばかりです。


大技林のゲーム通信簿79点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


超絶倫人ベラボーマン 【PCエンジン】


PCエンジン ベラボーマン 攻略

スポンサード リンク




『超絶倫人ベラボーマン』は、PCエンジン版
過去に少しだけ遊んだことがあるのですが、楽しかったです。

難易度が割と高めだった?ので
クリアーするまでは 遊んでないのですが(^ _ ^;)
アーケード版は もっと難しいとか…


小さい頃に見たPCエンジンの雑誌で、このゲームが載っているのを見て
ビジュアルだけで とても面白そうに見えたことを覚えています。


実際、とてもユニークな作品でしたね。


主人公は 体を伸ばして攻撃するし、
福引のような仲間が登場するし、シューティング面はあるし
おかしな所が 盛りだくさんでした。


敵のボスキャラクターも 個性的な奴らばかりで、
ピストル大名とかは 後にスピンオフ作品に、主役で登場したようです。


爆田博士は、『ワギャンランド』の大木の件でも 同じこと書きましたけど
ババアゾーンみたいで 強烈なインパクトです。


あと、わや姫かわいい。

プレイ動画見たら、めちゃめちゃ危険なキャラクターに見えましたが(笑)


…などなど、ちょっとだけのプレイだったのですが、
『ベラボーマン』は とてもユニークで、強烈なインパクトを持った作品なのでした。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/6003-3bae8669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック