ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


『MOTHER2』の発売から 20年経ちましたね。


特別サイト


ちょうど この5日間くらいは
忙しかったり、だるかったりで
27日の、20周年を見過ごしてしまいました。


今回 『MOTHER2』の20周年よりも
7月の、
ファミコンの『MOTHER』25周年記念記事
を書く方に
力を入れ過ぎていたせいかもしれない。


本当ならば、20周年の日に
『MOTHER2』の記事が
書ければ良かったんだけどなぁ。


どこで買ったか忘れているゲームも
たくさんある中で
幸いにも 『MOTHER2』
買った場所は覚えているから、
20年前に 自分がどこにいたか分かるってのは
何だか素敵だ。


その場所は、もう 無いのだけど。


『MOTHER2』を もう1度やれば、
あの頃ゲームでプレイした、
思い出の場所へはいつでも行けるのだけれど、
ゲームを買った場所へは 2度と行けない。


そういったことを
不意に考えたりします。


20年経っても
ゲームの中身は変わらないけど、
現実は いろいろと変わっていますね。


『MOTHER』
現実世界的なゲームだからこそ、
余計 そんなことを考えるのかも?


発売から20年が経って、
それが長かったとか、短かったとか
どう感じるかとか聞かれたら、
「こんなもんでしょう」と答えると思う。


20年経ったことが、
うれしいか?と聞かれたら、
「いいえ、うれしがりますよ」

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
もう20年も経ちますか・・・
時の流れは早いもんですね(シミジミ)

自分の場合は、『MOTHER2』よりも、初代『MOTHER』の方が思い入れが強いですね。

あの当時に、現実世界をゲームの舞台にして、町人のセリフ1つ1つがセンスに溢れていて、斬新でしたね。

『・・・あのな、友達は大切にしろよ。そういうことだ。』

2の方のセリフだったかな・・・忘れました(笑)
2014/08/29(金) 09:38 | URL | 雪那 #aYDccP8M[ 編集]
こんばんは!
コメントありがとうございます。

私は、『MOTHER2』からやり始めて、
その後に ファミコンの『MOTHER』をやったので
どちらかと言えば、2の方が思い入れは 強いのですが、
今回、2の20周年を うっかり忘れてしまっていました(-_-;)

これは やらかしてしまいましたね…(;´Д`)


あの頃は、ゲームで出てくるセリフ、
1つ1つを味わいながら プレイしてましたねー。

それと、訪れた町や場所も
じっくりと 探索して歩きました。

むしろ、次の町へは行きたくないくらいにまでなってたりw
2014/08/31(日) 00:41 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5985-78e3f62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック