ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

スポンサードリンク


この記事は 2014年7月30日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

サンサーラ・ナーガ タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカービクター音楽産業
発売日
 1990年3月23日
価格7,500円
何ゲー?
おすすめ度


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

「竜使い」を目指し旅立て!

このゲームの主人公は
通常のRPGにようには成長せず、
お供の竜を、
主人公が育てるという
異色のRPGです。

手に入れた卵からかえった竜を
託児所に預けて、
その間 主人公は、
竜の養育費やエサのために
1人でモンスターと
戦うことになります。

やがて竜が歩けるようになると、
行動を共にすることが
できるようになります。

竜は 主人公の行動や
エサの種類によって、
4種類の成長パターンを
持っています。



大技林のゲーム通信簿68点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入



サンサーラナーガ


スポンサード リンク


サンサーラ・ナーガ 攻略






このゲームは 昔、
1度 遊んでみようと思ったことが
あったんですよね。


元々、スーパーファミコンの
『サンサーラ・ナーガ2』
遊んだことがあって、

「1は どんなゲームだったのだろうか?」

という興味が湧いたので、
その時 1について
ちょっと調べてみたのですが、
どうも、これが
なかなか大変そうなゲームだと感じて
その時は 買うのを
止めてしまいました。



今回、プレイ動画で
初めて最初から最後まで
見させてもらいましたが、
動画では、編集で
所々が カットしてあると思われますが、
実際にプレイしてみるとなると、
やはり このゲームは
先へ進めるのは
とても大変なんじゃないかな、
と思います。


2でもあった、
竜を育てるイベントも
1では もっと
大変になってるんじゃないかな?



ただ、苦労して育てた竜が
やがて共に戦えるようになり、
旅の果てでの結末を
実際に 目にした時には
プレイヤーである竜使いのあなた、
これはもう、
泣いちゃうんじゃないかな。


動画で見ただけの者が言うのも
あれなのですが、
終盤の あの演出には
感動させられました。



疾走感がある
戦闘BGMが好きです。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ^^
サンサーラ・ナーガシリーズは積んでます・・・w
いずれプレイ日記は書くつもりでいますが、いつになることやら・・・w
その時は実際遊んでみた感想も書いてみますね。確かに賛否が分かれる作品ではあるので不安はあるかもしれません^^;ストーリーはそんな感じなのですね。かなり興味が沸きました。絶対遊びますw
2014/07/30(水) 22:49 | URL | 黒猫 #-[ 編集]
ウッドボール!
桜玉吉さんのキャラクターデザインですねぇ。
懐かしいなぁ。

やったことがありませんが、興味があります。
スーファミがほしいですね。^^
2014/07/31(木) 07:34 | URL | 神威雅人 #pWi./DeI[ 編集]
黒猫さん、こんばんは!
返事遅れまして申し訳ございません(_ _)

私は、2は何とかクリアしましたが、
実は2でも 途中でプレイを何度か挫折した覚えがあります。
このシリーズは 育成要素もあるので
忍耐力も必要となってきますね(笑)

私は先に、1のストーリー・結末までを動画で見てしまいましたが
やっぱり、本当にゲームを味わうのなら
実際に ゲームを自分でプレイして、
その苦労も含めて体験してみないとダメですよね(^_^;)
2014/08/03(日) 02:08 | URL | Dotama #-[ 編集]
神威雅人さん、こんばんは!
東京へ行っていたこともあり
コメントの返信や、記事の更新が遅れました。
申し訳ございません(_ _)

昔、ファミ通をずっと買っていたので
桜玉吉さんの『しあわせのかたち』をずっと読んでいました。

もしかすると、今はもう思い出せないのですが、
玉吉さんの絵柄だったから、
私は『サンサーラ・ナーガ2』を買ったのかもしれません。
2014/08/03(日) 02:11 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5955-d0605391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック