ブログパーツ ③【239本目】 MOTHER(ファミリーコンピュータ) 無と無の間 ~レトロゲーム篇~

無と無の間 ~レトロゲーム篇~

 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


③【239本目】 MOTHER(ファミリーコンピュータ)

この記事は 2014年7月27日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

MOTHER タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカー任天堂
発売日
 1989年7月27日
価格6,500円
何ゲー?名作保証。ゲー
おすすめ度★★★★★★★★☆☆
激おす






CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

任天堂の感動巨編RPG!!

コピーライターとして有名な
糸井重里が
ゲーム制作の総指揮として、
制作に丸2年もかけたゲームです。


音楽も ちょっと
異色な感じとなっています。



大技林のゲーム通信簿85点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



ネット上で見かけた評価

良かった所
・独自の世界観。
・ストーリーやキャラクター。
・BGM。
特に音楽についての意見が多く
 見受けられました。

気になった所
・難易度高め。
・ゲームバランスの粗さ。
・エンディング。



どたまのレビュー

中世を舞台とするRPGが
数多く登場する中、
この『MOTHER』は、
現代の世界を舞台としていて、
登場する敵や アイテムも
そこらにあるような、
馴染みのあるものばかりです。


プレイヤーの印象に残る、
特徴的な文章や音楽などが
この作品の世界観を
作り上げています。





1900ねんだいの はじめ 
アメリカのいなかまちに
くろくものようなかげがおち
ひとくみの ふうふが
ゆくえふめいに なりました。


おっとのなは ジョージ。
つまのなは マリア。


2ねんほどして ジョージは
いえにもどりましたが
どこにいっていたのか
なにをしていたのかについて
だれに はなすこともなく
ふしぎなけんきゅうに
ぼっとうするようになりました。


つまの マリアのほうは
とうとう かえっては
きませんでした。




私と『MOTHER』

ちょうど今日で
『MOTHER』
発売されてから
25年が経ちました。
記事初投稿時の情報です。


記念という意味もありまして、
本日 記事を
投稿することにしました。



今年の母の日にも、
記事を書く構想はあったのですが、
その時は忙しくて、
なかなかブログを
書く時間が持てなくて
ちょうどこの、25年の記念日に
記事を投稿することにしました。




実は、私がファミコンの
『MOTHER』
プレイすることになったのは
発売されてからもう、
かなり経った後のことでした。



1994年に
スーパーファミコンで発売された、
『MOTHER2』。


これが衝撃でした。
『MOTHER2』については、
またいつか記事した時にでも。




2のプレイ後、すぐに1を
やってみたくなったのですが、
その頃はもう、
ゲームショップには
ファミコンソフトは
並んでいなくて
中古ショップで
この『MOTHER』を
見つけたのです。



ただ、他の中古ソフトと比べても
この『MOTHER』の価格は
高く設定されていて
ほとんど 新品の
ファミコンソフトの価格
くらいしていたので、
値段を見たら
ちょっと、買うのが
ためらわれてしまったことを
覚えています。



いったん買うのを諦めたのですが、
それでもやはり どうしても
1が遊んでみたかったので、
後日 同じ店で買うことに。



そうして ついに遊び始めた
『MOTHER』だったのですが、
なんと 途中で
止めてしまったのです。



2が 余程遊びやすかったのか、
相性が良かったのか
どうも 継続して
プレイする意欲が
当時 湧いてこなかったのです。
難しかったし、
 エンカウント率が高いことが
 影響したのかも。



それからまた何年か経って、
改めてプレイし直した時に
念願のクリアーを果たしました。



更にその後、
ゲームボーイアドバンスでは
『MOTHER1+2』として
リメイク版が発売されたので、
そちらの方も購入して
クリアーしました。




「エンディングまで泣くんじゃない」

CMで流れていた、
有名なキャッチコピーが
ありましたが、
エンディングでは むしろ
д°)ポカーンとさせられ、
残念ながら?
私はエンディングでも
泣くことは無かったです。


むしろ、その直前にあった
イベントの方が
感動させられたのですが、
これは 実際に
遊んだ事のある方は
どうなんでしょう?




Take a Melody

『MOTHER』と言えば、
やはりBGMが印象に残ります。



フィールド曲である、
『Pollyanna』
もいいですが、
個人的に好きなのは、
クイーンマリー城のBGM、
『Wisdom of the World』
ですね。



あと通常戦闘のBGMが
何パターンも
用意されていているのは
すごいなぁと思いました。




作中で、音楽は
として重要な役割を
果たすことになります。


CMでも歌われていた
曲がありますね。



初見プレイ時には
あまり感じませんでしたが、
随分後になって
当時は見られなかったCMを
動画で見て 歌を聴いたりして、
そういったものが
ゲーム中のBGMと
頭の中でリンクして
じわじわと 感動が
湧き上がってきました。



私にとって、
『MOTHER』は そんな、
感動 後じわRPG
なのです。




『MOTHER』について
いろいろ触れる度に、
その感動は、これからも
一層、深まっていくのかも
しれません。



関連記事
00:00 | トラックバック:0 | ファミリーコンピュータ |TOP



トラックバックURLは http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5953-91d14e8c

トラックバック


コメント

これは大好きです by ねむりねこ : URL
このソフトは大好きなソフトです(^^)
当時このソフトはクリアしました。2は昨年クリアしましたが
ストーリーが感動的でしたね、少年たちが
地球を救うというなが
また意欲的な作品で初めて町とフィールドが一体になっていたり
新しい試みが多かったですよね
2014/08/03(日) 11:20:17 #-[ 編集]
ねむりねこさん、こんばんは! by Dotama : URL
私は 先にクリアしたこともあり
1よりも、2の方が 思い出深いソフトです。

2の方が 遊び直した回数は多いかな?

いつになるかは分かりませんが、
1の記事を ついに書くことができましたので、
2の方も 書かないとな、と考えております。

3も クリアはしているのですが、
3のプレイ当時、自身にもいろいろあって
モチベーションが下がっている時にプレイしたせいもあってか
正直 あまり印象に残っていない作品であるので
また時間を置いて、いつかやり直せたらな、と思っています。
2014/08/04(月) 02:46:59 #-[ 編集]
エンディングじゃ泣けないよ by 髭人 : URL
つい最近プレイしてクリアしました。
ホーリーローリーマウンテンがなかなかの地獄。こっちの方がはるかに泣ける(笑)

マジカントが切なすぎますわ。

しかし…個人的に1の主人公がラスボスとつながりがあると思うんですがねぇ…
まぁ2未プレイなので何とも言えませんが~。
2015/04/11(土) 20:32:42 #SFo5/nok[ 編集]
エンディングまでに泣きたくなるよ by Dotama : URL
クリアおめでとうございます。(^_^)


このゲームは音楽補正が強いと思います。

ゲームバランスだけでいったら、
エンカウント率も高いし、終盤のバランス調整もかなり厳しいもので、
私も「名作なの?」と言いたくなるレベルだと思います。

だけど、耳に残る数々の音楽があったからこそ
そういう厳しかった面も含めて、
自分の中でも 記憶に残るゲームの1つとして
『MOTHER』という作品は定着しています。


ファミコンではないけれど、
私はスーファミの、『MOTHER2』の方が好きですね。

2は、ゲームバランスも取れてたと思うし 遊びやすさもあって、
総合的に 満足できる作品でした。
2015/04/12(日) 01:19:44 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

最新記事

④【177本目】 絶対無敵ライジンオー (ゲームボーイ) 2020/01/27
【気になる~】 大貝獣物語Ⅱ(スーパーファミコン) 2020/01/25
④【176本目】 高橋名人の冒険島 (ファミリーコンピュータ) 2020/01/23
【ほろよい】 『いきなりステーキ』を語る。 2020/01/21
④【28本目】 ビックリマンワールド(PCエンジン) 2020/01/20
④【235本目】 トリップワールド(ゲームボーイ) 2020/01/19

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

スポンサードリンク

レジェンド作品(★10)

テトリス

神おす作品(★9)

ギミック 夢の泉 聖剣 かまいたちの夜 新桃 マリオRPG マリオカート マリオワールド 聖剣2 半熟

激おす作品(★8)

クォース マリオ3 時の過ぎゆくままに ドラクエ4 FF3 へべれけ MOTHER ロックマン2 ロックマン4 うしろに立つ少女 6つの金貨 魔界塔士 エストポリス伝記 エストポリス伝記2 がんばれゴエモン がんばれゴエモン2 す~ぱ~ぷよぷよ ヨッシーアイランド スーパー桃太郎電鉄2 超魔界村 テイルズオブファンタジア フロントミッション ガンハザード ロマンシングサガ3 R-TYPE オーダイン PC原人 北斗星の女

スポンサードリンク


おすすめ作品(★7)

アイドル八犬伝 ドラキュラくん SASA ギャラガ クインティ グラディウス 烈火 さんまの名探偵 スーパーマリオブラザーズ ソロモンの鍵 ツインビー テトリス 東方見文録 ドクターマリオ ドラゴンクエスト3 オホーツクに消ゆ タルるートくん マルサの女 夢ペンギン物語 ロックマン3 ロックマン5 ロックマン6 ワギャンランド ワギャンランド2 悪魔城ドラキュラ 危険な二人 新・鬼ヶ島 カエルの為に鐘は鳴る クイックス サガ2 サガ3 ビタミーナ王国 星のカービィ レッドアリーマー アレサ2 イデアの日 ガイア幻想紀 カブキロックス サンサーラ2 GOD エキサイト ジェリーボーイ ジャングルウォーズ2 超原人 スーパーワギャン ストリートファイター2 ダービースタリオン3 大貝獣物語 第4次スパロボ 天外魔境ZERO タルるート バハムートラグーン ルドラの秘宝 ロックマンX ロマサガ2 ワンダープロジェクト エイリアンクラッシュ ギャラガ’88 スペースハリアー PC原人2 ファンタジーゾーン ボンバーマン 魔境伝説 桃太郎活劇 うる星やつら 天外魔境ZIRIA FFレジェンズ

非おす作品(★2)

ライジンオー アミーダくん タスマニア物語 ちびまる子ちゃん ディープブルー

スポンサードリンク

ブログ内の記事検索

スポンサードリンク

レトロゲーム プレイメモ

ちょっとだけよ…♥

気になる~

ちょいレトロ

新しめ

やってみるさ!

2019年5月16日付

見た映画

スポンサードリンク

攻略チャート まとめ

これまでの入場者数

プロフィール

どたま

  • Author:どたま
  • このブログでは レトロゲームを中心として
    たまに個人的な事も書いています。

    Twitterでは日々のことを呟いています。
    どたま@むとむのま

    Instagramでは 日々撮った写真を載せています。
    どたま

カテゴリー 一覧

タグ

アレサ ソフトプロ ギャンブル 日本テレネット SD ペイント セタ テトリス テニス レビュー アドベンチャー ツクダオリジナル 教育 メガドライブ アクションRPG 競馬 ゲームボーイ DOG FF 超能力 麻雀 ナツメ 東京書籍 プレミア アイドル おすすめ アスミック BPS マリオ タケル PCエンジン タイトー ナムコ イマジニア Jリーグ G.O.D BPS ホラー 3DS ドラえもん メディアリング ゴエモン 日本物産 アニメ サンライズ 野球 ニチブツ 危険物 ビデオシステム ブログ セガ やのまん ドッジボール アクション タルるート メルダック 桃太郎伝説 3DS メサイヤ デコゲー マイナー メタルマックス サンソフト ジャレコ ゴルフ すごろく バップ エンジェル プレステ コナミ ディズニー ハドソン 任天堂 報告 バースデイ ゲートボール キングレコード 資格試験 ビッグクラブ コミカル 桃太郎 奇ゲー SD サイケデリック 相撲 デジタルコミック 新桃太郎伝説 箱庭 マインドスケープ ロマンシングサガ SNK 推理 ビリヤード Switch ココナッツジャパン テイルズ 聖闘士星矢 サガ エンカウント率 ユニーク PS HAL研究所 イデアの日 神おす サミー SS バグ フリュー 未来博 ゲームフリーク ツクール ユタカ 神宮寺三郎 ゲームギア タカラ カービィ コンパイル 消えた黄金キセル ミサワエンターテイメント 釣り CDロムロム 格闘 アイレム スコーピオンソフト パックマン NHK フェイス ホット・ビィ パーティ 岐阜 サリオ SCE セガサターン ドラゴンボール 倉庫番 バーチャルコンソール ミニゲーム アイマックス ワンダースワンカラー アイ・ジー・エス 3D スクウェア・エニックス スイッチ アスク講談社 ドラクエ 原人 アルトロン マイクロキャビン オセロ ほろ酔いトーク 天外魔境 ロムロム 金沢 エピック・ソニーレコード 東宝 日記 PSVITA ゲームトーク ピクロス ユース サウンドノベル レトロゲーム コトブキシステム キン肉マン パチンコ カプコン NintendoSwitch ビクター音楽産業 SCE ビクターエンタテインメント バンダイナムコ 徳間書店インターメディア シミュレーション 感想 やさしい 天狗 サッカー ロマサガ HAL研究所 和風 ワギャン エポック社 レトロゲームプレイ日記 ロボット ファイナルファンタジー ナグザット 携帯アプリ スポーツ ショウエイシステム 三井不動産・電通 サン電子 データベース 旅行 記念 大貝獣物語 ペンギン ドラゴンクエスト ピンボール ザムス 実況 プレイ日記 データイースト 仮面ライダー ボードゲーム 日本コンピュータシステム バイク テクモ ダーク 徳間書店 PS ブロック崩し 非おす 健康 レース 難しい トミー ステーキ ビーアイ RPG スヌーピー 東宝/小学館プロダクション ドラキュラ ヘクト ビックリマン ソフエル アテナ チュンソフト ポニーキャニオン バンダイ プロレス シグマ商事 ファミコンミニ ジャンプ 対戦 パズル ディスクシステム キャラクターソフト カルチャーブレーン ロックマン 生活 プレイステーション シューティング スーパーグラフィックス ベルトスクロール サンリオ 東芝EMI コンパチヒーロー 3D 攻略 スーパーファミコン フロントミッション ザンソフト タレント PLG 東映動画 アクションRPG エイコム アスキー 聖剣伝説 乙四 スクウェア 魔神英雄伝ワタル らんま1/2 テーブル はにわ ガンダム 激おす タルるートくん ヒロ ローグライク NECアベニュー 落ちゲー ケイ・アミューズメントリース ウルトラマン クイズ ファミコン キテレツ大百科 ゲーム 映画 特撮 ぷよぷよ カルト ガンガン ヨッシー T&Eソフト 宿屋 RPG ファミリートレーナー ビック東海 育成 バンプレスト FF 資格 バカゲー カワダ T&Eソフト アトラス ダビスタ ザウルス ニンテンドウ64 九娯貿易 ケムコ NHKエンタープライズ 妖怪 フィッシング エニックス パック・イン・ビデオ 高橋名人 スパロボ トーワチキ 忍者 VITA トンキンハウス トラウマ お絵かき フジテレビ

月間記事ランキング(攻略単発記事は省略してあります)

総合記事ランキング(2016年8月29日集計開始) 攻略チャート記事は省略

どこから来たの?ランキング

どこへ行くの?ランキング