ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
任天堂
 発売日 1989年7月27日
価格6500円
 何ゲー?名作保証。ゲー
 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
MOTHER タイトル

激おす認定!




ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

任天堂の感動巨編RPG!!

コピーライターとして有名な 糸井重里がゲーム制作の総指揮として、
制作に丸2年もかけたゲームです。

音楽も ちょっと異色な感じとなっています。


大技林のゲーム通信簿85点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


レビュー
中世を舞台とするRPGが多く登場する中、
この『MOTHER』は、現代の世界を舞台としていていて、
登場する敵やアイテムも そこらにあるような、馴染みのあるものばかり。
特徴的な文章や 音楽が印象に残り、
この作品の世界観を作り上げてます。

マザー

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント(ネタバレあるかも…)


1900ねんだいの はじめ 
アメリカのいなかまちに くろくものようなかげがおち
ひとくみの ふうふが
ゆくえふめいに なりました。
おっとのなは ジョージ。 つまのなは マリア。
2ねんほどして ジョージは いえにもどりましたが
どこにいっていたのか なにをしていたのかについて
だれに はなすこともなく
ふしぎなけんきゅうにぼっとうするようになりました。
つまの マリアのほうは
とうとう かえっては きませんでした。


私と『MOTHER』

ちょうど今日で 『MOTHER』が発売されてから25年が経ちました。
記念という意味もありまして、本日 『MOTHER』についての記事を投稿することにしました。

今年の母の日にも、記事を書く構想はあったのですが
その時は忙しくて、なかなかブログを書く時間が持てなくて
ちょうどこの、25年の記念日に 記事を投稿することにしました。


実は、私がファミコンの『MOTHER』をプレイすることになったのは
発売されてからもう、かなり経った後のことでした。

1994年にスーパーファミコンで発売された、『MOTHER2』。
これが衝撃でした。
『MOTHER2』については、またいつか記事した時にでも。

2のプレイ後、すぐに1をやってみたくなったのですが
その頃はもう、ゲームショップには ファミコンソフトは並んでいなくて
中古ショップで この『MOTHER』を見つけたのです。

ただ、他の中古ソフトと比べても この『MOTHER』の価格は高く設定されていて
ほとんど 新品のファミコンソフトの価格くらいしていたので
値段を見たら ちょっと、買うのがためらわれてしまったことを覚えています。

いったん買うのを諦めたのですが、それでもやはり
どうしても 1がプレイしてみたかったので 後日同じ店で買うことに。


そうしてプレイを始めた『MOTHER』だったのですが
なんと 途中で止めてしまったのです。

2が 余程遊びやすかったのか、相性が良かったのか
どうも 継続してプレイする意欲が当時 湧いてこなかったのです。
難しかったし、エンカウント率が高いことが影響したのかも。


それからまた何年か経って、改めてプレイした時に
念願のクリアーを果たしました。

更にその後、ゲームボーイアドバンスでは 『MOTHER1+2』として
リメイク版が発売されたので、そちらも購入して クリアーしました。


「エンディングまで泣くんじゃない」

CMで流れていた、有名なキャッチコピーがありましたが、
エンディングでは (°д°)ポカーンとさせられ、
残念ながら? 私はエンディングでも泣くことは無かったです。

むしろ、その直前のイベントの方が感動させられたのですが
これは プレイしたことのある方は みんなどうなんでしょう?


Take a Melody

『MOTHER』と言えば、プレイしていて やはりBGMが印象に残ります。

フィールド曲『Pollyanna』もいいですが、
個人的に好きなのは、クイーンマリー城のBGM、『Wisdom of the World』ですね。

あと通常戦闘のBGMが 何パターンも用意されていているのはすごいなぁと思いました。


作中で、音楽はとして重要な役割を果たすことになります。

CMでも歌われていた曲がありますね。

初見プレイ時にはあまり感じませんでしたが、随分後になって
当時は見れなかったCM動画で歌を聴いたりして、
そういったものが ゲーム中のBGMと頭の中でリンクして
じわじわと感動が湧き上がってきました。


私にとって、『MOTHER』は
そんな、感動 後じわRPGなのです。

『MOTHER』について いろいろ触れる度、
その感動は、これからも 一層深まっていくのかもしれません。

どたまが このゲームで一番印象的だったところ
フィールドで自然とBGMが切り替わるところ

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
これは大好きです
このソフトは大好きなソフトです(^^)
当時このソフトはクリアしました。2は昨年クリアしましたが
ストーリーが感動的でしたね、少年たちが
地球を救うというなが
また意欲的な作品で初めて町とフィールドが一体になっていたり
新しい試みが多かったですよね
2014/08/03(日) 11:20 | URL | ねむりねこ #-[ 編集]
ねむりねこさん、こんばんは!
私は 先にクリアしたこともあり
1よりも、2の方が 思い出深いソフトです。

2の方が 遊び直した回数は多いかな?

いつになるかは分かりませんが、
1の記事を ついに書くことができましたので、
2の方も 書かないとな、と考えております。

3も クリアはしているのですが、
3のプレイ当時、自身にもいろいろあって
モチベーションが下がっている時にプレイしたせいもあってか
正直 あまり印象に残っていない作品であるので
また時間を置いて、いつかやり直せたらな、と思っています。
2014/08/04(月) 02:46 | URL | Dotama #-[ 編集]
エンディングじゃ泣けないよ
つい最近プレイしてクリアしました。
ホーリーローリーマウンテンがなかなかの地獄。こっちの方がはるかに泣ける(笑)

マジカントが切なすぎますわ。

しかし…個人的に1の主人公がラスボスとつながりがあると思うんですがねぇ…
まぁ2未プレイなので何とも言えませんが~。
2015/04/11(土) 20:32 | URL | 髭人 #SFo5/nok[ 編集]
エンディングまでに泣きたくなるよ
クリアおめでとうございます。(^_^)


このゲームは音楽補正が強いと思います。

ゲームバランスだけでいったら、
エンカウント率も高いし、終盤のバランス調整もかなり厳しいもので、
私も「名作なの?」と言いたくなるレベルだと思います。

だけど、耳に残る数々の音楽があったからこそ
そういう厳しかった面も含めて、
自分の中でも 記憶に残るゲームの1つとして
『MOTHER』という作品は定着しています。


ファミコンではないけれど、
私はスーファミの、『MOTHER2』の方が好きですね。

2は、ゲームバランスも取れてたと思うし 遊びやすさもあって、
総合的に 満足できる作品でした。
2015/04/12(日) 01:19 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5953-91d14e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック