ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2014年7月19日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
カルチャーブレーン
 発売日 1989年5月26日
価格5900円
 何ゲー?コミカルアクション
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
スーパーチャイニーズ2 タイトル

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

コミカルなアクションRPG


前作『スーパーチャイニーズ』をベースにした、
2人同時プレイ可能な アクションRPGです。

メインであるRPGモードと、おまけの運動会モードで遊べます。

RPGモードでは、アクションゲームの比率が異なった
「アクション」 「チビッコ」 「RPG」の3つの中から選ぶことができます。


大技林のゲーム通信簿70点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
明るいノリ。
アクションRPGと言っても
『ゼルダの伝説』のようなタイプのゲームではなくて、
普段はRPGのようなゲームなのだけど
いざ戦闘になると、いきなりアクションゲームになるというもの。
そのアクションパートが、『スーパーチャイニーズ』だったりする。
RPGで2人プレイができたり、おまけの運動会モードができたりと
2人プレイで遊ぶと より盛り上がるかも?


スーパーチャイニーズ2


スーパーチャイニーズ2 ドラゴンキッド
スポンサード リンク




これも 小さい頃によく遊んだゲームです。

内容がギャグ路線だったから 馴染みやすかったのかな?


思わず替え歌を作って 歌ってしまいそうな
ノリの良い戦闘BGMが 好きでした。

今聴いても、ボス戦のBGMとか かっこいいですね。


逆に、洞窟の場面なんかは 暗い雰囲気がして
当時 ビビりながら?遊んでいたような気がします(^ _ ^;)


このゲーム、RPGとしては 少し特殊な構成となっていて、
戦闘場面は 『スーパーチャイニーズ』のようになっているのですが、
ボス戦や、一部のエリアでは 通常RPGのような戦闘になります。


1人で遊んでいても、「よぶ」のコマンドを使えば
仲間のリュウが駆けつけてくれて、2人で戦うことができます。


敵に遭遇すると 敵のチーム名とレベルが表示されるのですが、
弱い敵なら ジャンプ攻撃で瞬殺できて気持ちが良いけど
ちょっとレベルが高い敵と戦うと いきなり苦戦するので大変だったりします…


町の場面では、次に行く場所のヒントを得るのに
言葉合わせのルーレットをやらされたり、
お礼でもらった食べ物を食べたせいで、
太って外へ出られなくなってしまい、
ボタン連打で シェイプアップしないといけなくなるなど
確かに、ゲームの所々で
おもしろRPGであることを意識して作られてるなぁ、と思いました。


あと、Ⅱコンのマイク機能を使わないと
進めないような場所もありましたね。
ニューファミコンには マイク機能が無いのですが、
 マイクの代わりになるような特殊コマンド的なものは あったのでしょうかね?
  セレクトボタン?  『2コンの下とAボタンを同時押し』?
  こちらは未確認です。


個人的に 面白かったというよりか、
一番びっくりしたのは バグもどきかなぁ…

これが何を意味するのかは…
実際にゲームをプレイしてお確かめ下さい。(笑)


わーい おいつかれちまったい

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5948-e374ae43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック