ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2014年7月9日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
ハドソン
 発売日 1991年12月26日
価格4500円
 何ゲー?
 おすすめ度
桃太郎伝説外伝 タイトル

ゲームプレイ動画・貧乏神伝説

ゲームプレイ動画・夜叉姫伝説

ゲームプレイ動画・浦島伝説


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
ファミコンで登場した、『桃太郎伝説』の外伝的RPGです。

3つの短編シナリオが収録されていて、
それぞれ 貧乏神、夜叉姫、浦島太郎といった、
桃太郎以外のキャラクターが 主人公となります。

各シナリオでセーブができるので、
どのシナリオからでも プレイすることができます。


大技林のゲーム通信簿77点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


桃太郎伝説外伝


桃太郎伝説外伝 ゲームボーイ 攻略


スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
『桃太郎伝説』シリーズは 大好きでした。
新作が出れば どれも買っていました。
新作は、厳しい状況みたいですが…(´ヘ`

ゲームボーイという、携帯機での『桃太郎伝説』が遊べるということで
この外伝も すぐに買いました。


内容は、3本の作品が収録されたオムニバス形式となっていて
貧乏神夜叉姫浦島の3人の異なるストーリーの中から
プレイヤーは 好きなものを選んで遊べます。

それぞれの作品に個性が出ていて、
例えば 貧乏神のストーリーである『貧乏神伝説』では、
戦闘で 敵のお金を盗むことで攻撃をします。

道中でも、お金が必要な場面があるので
お金を貯めることが 話を進める上で重要になってきます。


『夜叉姫伝説』は 通常RPGに近い形になっていますが、
ストーリーの出だしで たくさんいる仲間の中から
自分の好きなお供を 2人連れていくことになります。

選ぶお供によっては、ゲームの難易度が変わってくるかも?


『浦島伝説』では 最初に かむろというタヌキが仲間になるのですが、
戦闘中、こいつがいろいろな悪さをして 浦島の邪魔をしてくるのです。

ですが 旅を進めるにつれ、かむろも浦島に対して 次第に心を開いていき…


同じようなRPGが3本収録されているのではなく、
個性的な、3本のストーリーが楽しめるようになっているのです。


…なのですが 私は結局このゲームに収録されている作品を
3本ともクリアすることはありませんでした。

『貧乏神伝説』だけは クリアしたかな?

何で止めちゃったのかは しっかりとは覚えていませんが
どうも戦闘がきつくて 途中でだるくなったからのような…


携帯機の桃伝だったので、気軽に遊べると思っていたのですが、
なかなか思うようにいかなくて、結局止めてしまったのだと思います。
今回の記事を書くにあたり、動画で全てのストーリーを見て
  それぞれの結末を再確認しました。


ファミコンや、PCエンジンでも登場した この『桃太郎伝説外伝』

中でも PCエンジン版では、タイトルに『第1集』と書かれており
続編を予感させるものでした。

が、その後『第2集』以降が発売されることはありませんでした…(><)

もし発売されていたとしたら、
一体 誰が主役のストーリーが収録されていたのでしょうね。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
お供の愚痴
Dotamaさん。こんばんは~。

犬、猿、雉のボヤキがききたかったなぁ。

今、深夜アニメ『モモキュンソード』を見てそう思った。
そう言えば、桃太郎伝説はアニメにもなったんだねぇ。(^^;)
観たかったなぁ。
2014/07/09(水) 19:59 | URL | 神威雅人 #wLCZx2B6[ 編集]
こんばんは!
コメントありがとうございます。
なかなか更新ができませんでした(^^;)


第2集があったとしたら、
犬・猿・キジを主役にしたお話っていうのも
ありかもしれないですね。


アニメの『桃太郎伝説』、当時見てましたよー。
まだ 私が小さい頃にやってたので、
内容はしっかりとは覚えていないですが
まさかあれから 全く再放送されないとは思いませんでした…汗

2014/07/10(木) 00:04 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5940-0db37e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック