ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2014年5月18日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
サンソフト
 発売日 1992年11月27日
価格3500円
 何ゲー?不思議アクションゲー
 おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
トリップワールド タイトル

ゲームプレイ動画(実況あり)

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
主人公のヤコプが、何者かに奪われたマイタの花を取り戻すために
戦っていくアクションゲームです。

ヤコプは、地形によって体を変化させることができます。

初めてはキックでしか攻撃することができませんが、
アイテムを取れば 多彩な攻撃が可能になります。


大技林のゲーム通信簿58点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
出てくる敵キャラが どれも個性的というか、変というか。
思わず、「こいつはどんな奴なんだろう?」と
確認しながら 進めたくなってしまう。
同じサンソフトから出た『ギミック!』のような雰囲気を持つけど
難易度は 割と易しめかな。
ただ、ボス戦では少し 苦労するかもしれないけど。


トリップワールド
トリップワールド
posted with amazlet at 14.05.16
サンソフト (1992-11-27)
売り上げランキング: 38,107


攻略情報
レビュー/『ELECTRICAL EDEN』さま

スポンサード リンク


このゲームを振り返って

不思議でユニークなゲーム

『トリップワールド』
何とも不思議なゲームです。


まず、さっきも書いたように 出てくる敵キャラがそれぞれ個性的でユニークです。

そして これもユニーク、敵キャラが攻撃してこない。

普通のアクションだったら、大抵
敵キャラは 自機に向けて攻撃してきたり、
あるいは、触れると ダメージを受けたりするものですが
このゲームは 敵に触れてもダメージを受けません。
(道中 床面の針など、ダメージを受ける場所はあります)

なので、やろうと思えば それらを無視して先へ進めてしまえます。


全部が全部 攻撃してこないという訳でもなく、
中には 普通に襲いかかってくる敵もいれば、
自己防衛のために攻撃してくる敵、
こちらが攻撃すると、キレて襲いかかってくる敵などもいますが。

しかし ボスキャラとは普通に戦うことになるので、
易しめのゲームとは書きましたが、
このゲームで苦戦するとしたら、ボス戦になるでしょうか。


それに、攻撃方法。

敵は基本 攻撃をしてきませんが、
こちらからはガンガン攻撃することができます。

アイテムを取ると いろんな攻撃をすることができますが、
敵に花を咲かせて 一時的に動けなくさせたり
奇妙な姿に変身をしたりと ちょっとよく分かりません。


更にもう1つ特殊な点を挙げるなら、
このゲームには コンティニューが無く、
代わりに タイトル画面で面セレクト+場面セレクトができることです。

遊ぶステージを選べるだけでなく、
それぞれ どこの中間地点から始めるのかも選べます。


あのゲームと雰囲気は似ているけれど

ファミコンの『ギミック!』と、雰囲気が似ている感じはするのですが、
難易度は全く違っていて、『ギミック!』と比べると
かなり易しめになっているかと思います。

例えるなら、穏やかな『ギミック!』


やはりというか、このゲームも かなりプレミアが付いてるみたいで
中古でも 買うのはためらわれるくらいなのですが、
このゲームは現在、3DSのバーチャルコンソールダウンロードできるので
興味がある方は プレイしてみて下さい。


深読みすると…

ゲームタイトルからして アレなのですが
「トリップ」には、薬による幻覚症状のような意味があります。

それに、主人公ヤコプは シャブブ族であり、
マイタの花(逆から読むと…)を取り戻すための冒険とあります。


何だかヤバそうな裏設定がある気がするぜ…!


という訳で、『トリップワールド』。
とても不思議な雰囲気を持ったゲームなのでした。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5898-deef8f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック