ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2014年4月29日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
ビクター音楽産業
 発売日 1987年3月17日
価格5300円
 何ゲー?
 おすすめ度
花のスター街道 タイトル

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

目指せBU・DO・KAN!


スターを夢見る2人が主役のゲームです。

プロデューサーや、作曲家、特ダネを狙うカメラマンなどが
2人の行手を阻もうとしてきます。


大技林のゲーム通信簿50点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


花のスター街道


花のスター街道 攻略

スポンサード リンク




このゲームは、本当に
少しだけ遊んだことのあるソフトですね。


ゲームタイトルからしたら
思わず シミュレーションゲームあたりを連想してしまいがちですが、
実は アクションゲームなのです。

しかも、操作がかなり特殊な…(д・)


タイトルとのギャップがあったゲームと言えば、
ゲームボーイの このゲームと似ているかもしれませんね。


昔、遊んでみたら
動かし方が何とも複雑で、すぐに止めてしまいました。

思い通りに動かせなくて 大変だった覚えがあります。


主人公キャラを、思い通りに動かせないのに
アクションゲームなのですから、
これはもう、大変なアクションゲームだということになります。


2人同時プレイならぬ、
2人同時動かしプレイをしなければなりません。


登場する(操作することになる)2人は、スターを夢見ているそうですが、
シンクロ率が完璧なので、いっそ シンクロ芸人にでもなるか
第7使徒のイスラフェルあたり 倒しに行った方がいいと思います。


今回 プレイ動画で振り返ってみましたが、
オープニングデモこそ なかなか手が込んで作られているようだったのですが
ゲーム本編の作りは 改めて見ても、やはりとてもきつそうですね。

当時 本気でプレイしなくて良かったと思います。


このゲームの操作感は
動画を見ているだけでは分からないと思いますので、
機会があれば、実際にプレイしてもらいたいです。

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5877-24da3b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック