ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
データイースト
 発売日 1990年9月25日
価格4900円
 何ゲー?セピア調アドベンチャーゲー
 おすすめ度★★★★★★★★☆☆

探偵神宮寺三郎 時の過ぎゆくままに… タイトル

激おす認定!




ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

神宮寺三郎の推理が冴える!

アドベンチャーゲームの人気シリーズ第4弾。

主人公は クールでダンディ、
そして ヘビースモーカーの探偵・神宮寺三郎です。

今作では、公園で犬を見ているうちに 1年前の事件を思い出して
その事件を回想しながら 謎を解いていくという形になっています。


大技林のゲーム通信簿67点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


レビュー
再びファミコンに戻ってきた神宮寺三郎。
私は今回、ファミコン4作品を連続でプレイしてきたけど
シリーズの中で 一番しっくり来た。
何というか、温かみを感じるんです。
全編通しての セピア色の表現もなかなかだと思うけど、
オープニングで流れてくる曲も 優しくて好きだ。

探偵神宮寺三郎 時の過ぎゆくままに

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント(ネタバレあるかも…)

回想シーンがメイン


このゲームは、大部分がセピア色で描かれているのが特徴です。

ストーリーは、現在パートにいる神宮寺たちが
過去の出来事を振り返る形になっていて
この過去パートが、セピア色で表現されています。

現在パートではカラーになるのですが そんなに長くはありません。


事件と言っても…


もう1つの特徴として挙げられるのが、
これまでのシリーズにあったような殺人事件が起きないことです。

どろっしたような感じじゃなくて、
セピア調のグラフィックと相まってか
温かみあるストーリーを体験できるのではないかと思います。

エンディングがまた、良いんです。


どたまが このゲームで一番印象的だったところ
防犯ブザー

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5874-dca5f2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック