ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2014年3月29日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

探偵神宮寺三郎 横浜港連続殺人事件 タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーデータイースト
発売日
 1988年2月26日
価格5,500円
何ゲー?ハードボイルドアドベンチャーゲー
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆


CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

手に汗握るハードボイルド!!


本格的アドベンチャー推理ゲーム、
『神宮寺三郎』シリーズの第2弾です。

今回は、異国情緒豊かな
横浜が舞台となっています。

ゲームの目的は、
行方不明の女性を捜し出すことです。

シリーズ全作品に言えることですが、
グラフィックの美しさも然ることながら、
重要な証言や、
証拠品を発見した時に鳴る音楽が
ドラマチックな雰囲気を醸し出しています。



大技林のゲーム通信簿62点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

渋い。


主人公なのに
絵が白黒ってところも渋い。


風景もよく描かれていてキレイ。


キャラのグラフィックは、
前作よりも柔らかくなったかな?


喫煙をしなくちゃ先へ進めないなど、
このシリーズ特有のコマンドもそのまま。


ストーリー進行が やや単調な点と、
終盤に詰まり要素があるのが
少し残念に思えました。



神宮寺 横浜 パッケージ


スポンサード リンク


探偵神宮寺三郎 攻略






攻略法さえ知っていれば…

『神宮寺三郎』シリーズ
2作目になります。


先へ進むためには
しっかりとフラグ立てしていく
必要があるようで、
難易度は なかなか
難しいのではないかと思います。



昔のアドベンチャーゲームには
よくあることですが、

「ここで そのコマンドを
 入力しないといけないのか」


と、通常プレイでは
なかなか気が付かないようなことを
やらないといけない場面もあります。



私は 先へ進めなくなったら
攻略サイトを見ながら遊んだので、
クリアーするまでには
そんなに時間はかかりませんでした。


攻略サイトを頼りにしなければ、
クリアーは
できなかったかもしれません(



仲間になりたそう

ゲームの途中では
助手の洋子か、
依頼主である日之出
捜査に連れていくことになります。


結局、
洋子を連れていくことになるのですが、
その時の日之出のセリフが
印象に残ります。



終盤に詰み要素が…


先ほど、先へ進めるためには
しっかりとフラグ立てをしないといけない
と書きましたが、
終盤のとある場面で
ある事を怠ると、
先へ進めなくなってしまうようです。


どうも制作ミス(バグ?)
らしいのですが、
パスワードは こまめに控えた方が
よいかもしれません。



場面に合わせて
コマンドの色が変わる所が印象的でした。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
このシリーズは大好きですね、DSの方でシリーズが続いているようですが
オーソドックスなコマンド選択式のアドベンチャーゲームですね
1作目は移動がフィールド移動だったりしましたけど
2作目はまだグラフィックが粗めでしたね、3作目は一気に綺麗になりました。
2014/03/30(日) 13:28 | URL | ねむりねこ #-[ 編集]
こんにちは!
コメントありがとうございます。

DS・PS版の方では 神宮寺シリーズを遊んでいませんが、
ファミコン(ディスク)版では、登場した4作品
それぞれに違いが見られて面白いですね。

今回 昔PSで発売されたアーリーコレクションで
ファミコン版4作品を振り返ってみましたので、
あと2作品のレビューも 近々載せようと思います。
2014/03/31(月) 00:02 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5839-652eb968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック