ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2014年3月16日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
ハドソン
 発売日 1991年4月26日
価格5800円
 何ゲー?高橋名人のアクションゲー2
 おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
高橋名人の冒険島2 タイトル

CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
道端に落ちている卵を割ると手に入る石斧を武器に
カエルやサソリなどと戦いながら
スケボーで進んでいくアクションゲームです。

ゲームの舞台は石器時代。

腰ミノ1つで戦う主人公キャラが、
実際の高橋名人のイメージと重なります。


1_2016120401565111b.jpg 2_20161204015659709.jpg
      ↑いろんな島を冒険する             ↑それ駆け抜けろ


大技林のゲーム通信簿67点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
あの難ゲー、『高橋名人の冒険島』の続編ということもあって
難易度は高め。

前作から5年も経っていることもあり
それまでの期間中に発売された、
その他の作品を意識したかのような作りになっているようにも見える。

ただ 前作は難しくても、
「何とかクリアーしてやるんだ!」
と熱中させられるような中毒性があったのだけど、
今作ではどうも、そういった気が起きなかった…


高橋名人の冒険島2


高橋名人の冒険島Ⅱ
スポンサード リンク


このゲームについてのコメント(ネタバレあるかも…)

あの難ゲーの続編

『高橋名人の冒険島』。

私が約1年前、14時間かかってクリアーしたゲームの続編です。


今回のⅡは、3DSのバーチャルコンソールでのプレイなので、
中断セーブもできたりするため、
総プレイ時間をメモするなどしていませんが、
それでもやはり、クリアーするのには なかなか骨が折れました。


前作と比べると、
1つ1つのステージが短めになったり(中間ポイントは無いけど)
アイテムストックができたりと、
(たぶん)難易度的には やさしめになっているとは思うのですが、
それでも アイテムストックがなくなってしまった時などは
前作同様に、ノー武器プレイを強いられ
途端、イライラ棒ゲームになる仕様はそのままなので
その状態でのステージクリアーは かなりきついです。


追加要素で 今作では恐竜が何体かいて、
それぞれ 特殊な攻撃ができるようになります。


敵に触れたりすると恐竜は消滅してしまいますが、
それでも、1回は 敵の攻撃から身を守ってくれることになります。
 

恐竜も便利は便利なのですが、
スケボー同様に スピードが早くなったりと
名人の操作性とは 違ってくるため、
新たな操作感覚を身に付けて それに対応する必要性が出てきます。


私はどうも、恐竜が扱いづらかったので
極力、名人のみで操作するようにしていました(


そして我が目を疑ったのが、ボスキャラの逃走。

ボスキャラにやられてしまうと、ボスキャラが違うステージへと逃走して
またクリア済のステージをこなさなければならなくなるという。


これはきつかった。


前作から5年

続編としては 前作からの期間がかなり空いていて
前作が1986年の発売だったのに対し
今作のは、1991年の発売なので 5年も間が空いています。


1990年には既に スーパーファミコンが発売されていて、
の発売日である1991年4月26日は、同じ日に
スーパーファミコンの『シムシティ』が 発売されました。


更に、この後1991年の7月には
『ファイナルファンタジーⅣ』の発売が控えており
多くのファミコンユーザーも、
そろそろスーパーファミコンへと移っていった時期でもあったかと思います。


私も、の存在は 当時それほど認識しておらず
この頃には既に、スーファミ三昧していたと思います。


『高橋名人の冒険島Ⅱ』は、
スーファミの影に埋もれてしまった作品であるのかもしれません。


しかしそれでも、このシリーズは あと2作、
ファミコンで登場することになるのですが。


1面のボスのビジュアルが印象的でした。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5825-4d79ff90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック