ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2014年2月27日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

暴れん坊天狗 タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーメルダック
発売日
 1990年12月14日
価格6,500円
何ゲー?
おすすめ度


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

自機が天狗のお面という、
妙ちくりんなシューティングゲームです。

全部で5ステージあります。

とにかく破壊しまくるという
痛快な1本です。


大技林のゲーム通信簿62点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入


暴れん坊天狗


スポンサード リンク


暴れん坊天狗 攻略






このソフトの名前を
初めて知った時、
ゲームの名前からして、
これは一体
どんなゲームなんだろう
と思っていましたが
いざ内容を見てみたら
予想の斜め上をいっていました。


日本の天狗のお面
自機のシューティングゲームで
舞台が なんと、アメリカて…


よく この企画が通って
無事に発売できたなぁ、
と思えてしまう。


ある意味で
奇跡の1本なのかもしれません。



設定からして
バカゲーっぽそうですが、
音楽もいいし、
グラフィックも凝ってて
ゲームとしては
なかなか面白そう。



エキサイテング、
『暴れん坊天狗』。




発売当初は
それほど注目されなかったようですが、
今では プレミアソフトに
なっているようです。


ゲームセンターCXでは
有野課長も プレイしていましたね。


もし、タイトルだけなら
聞いた事があるという方がみえたら、
一体、どんなゲームなのか
確認してみて下さい(笑)
関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
今晩は~
このゲームはいろんな意味で有名ですよね、当時はクソゲーでしたが時代と共に評価されていった
感じですね、『スペランカー』などもそういうソフトでしたが
やはり当時の子供たちでは難易度が高すぎたのでしょうね
といってもシューティング苦手なので今でも
まともにプレイできませんが(^^;
2014/02/27(木) 23:47 | URL | ねむりねこ #-[ 編集]
こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。

自機が天狗ってのが凄くて、
例えば 私も昔、『デザエモン』なんかで
人の顔を自機にしたゲームを作ったことはありますが
そういうのが実際に ゲームとして販売されていたということが驚きでした。

変わった世界観のゲームですが、動画で見る限り
クオリティは そんな低いようには見えません。

これからも、このような
昔は それほど注目されなかったけど
今になって 注目されるレトロゲームが増えてくるのかもしれませんね。
2014/02/28(金) 07:22 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5804-0677cc4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック