ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2014年2月4日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

FF2 タイトル

機種携帯アプリ
メーカースクウェア・エニックス
発売日
 iOS:2010年2月25日
Android:2012年2月1日
価格サイト参照(音量注意)
何ゲー?育てFFゲー
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆


動画は英語によるレビューです。


ゲーム紹介(参照:公式サイト)

前作から、レベル制度を廃止して
プレイヤー好みに
キャラクターを
成長させることができる
「熟練度システム」を採用しています。

更に、会話の中で
キーワードを覚えていく
「ワードメモリーシステム」など
斬新なシステムを導入した、
今なお続く
ファイナルファンタジーシリーズの、
進化の始まりともなった
記念すべき作品です。

本作では、
過去の移植作で追加された
「ソウル・オブ・リバース」と、
「秘紋の迷宮」の
2つのエクストラダンジョンも
用意されています。



どたまのレビュー

ファミコン版の『FF2』に比べると
今風に? 遊びやすく
仕上がっているかと思います。


音楽やグラフィックは
大幅に変わっているのですが、
中身自体は
それほど変わってはいないので、
独特の育て方をしなければならない
この作品では 遊んでみると、
好き・嫌いの差が
出てくるかもしれません。


スポンサード リンク


ファイナルファンタジーⅡ 攻略






レトロゲームではないかもしれないけど

今回も 番外編ということで
移植作ではありますが、
スマホ版の『FF2』
レビューに載せたいと思います。



念願の?クリア

私は ファミコン版の『FF2』は、
発売当時にはプレイしておらず、
発売されて、だいぶ後になってから
遊んだ口だったのですが、
残念ながら?遊びだしても
長続きはしませんでした。
闘技場あたりまでは
 進めた記憶があります)


そこで今回
遊びやすくなっているらしいことや、
ストーリーを 最後まで
ちゃんと味わいたかったこともあり、
正月のアプリセールの時に
『FF2』を購入して
遊んでみることにしました。



そして、こつこつ進めながら
とうとうクリア!



ファミコン版を
クリアしていないことが
心に残る所ではありますが、
未クリアだった『FF2』
ようやく終える事ができて良かったです。



特殊な成長システム

レベルが無く、
『サガ』シリーズに近い
成長システムの『FF2』


味方に攻撃は当たり前。

魔法も、どんどん使わないと
育っていかない。


発売されてすぐの
ゲームではありませんから、
いろいろ情報が出回っていて
もう当然、
どういう育て方をすればいいか
分かった上でのプレイになるので
その点でも、攻略するのは
楽でした。


予備知識 全く無しで遊んでいたら、
例え移植版でも こんな楽には
クリアできなかったかと思います。



ゲームバランスは当時のまま?

ファミコン版のゲームバランスは 
ほとんど忘れてしまっていますが、
スマホ版でも、遊んでいて
結構、疑問に思うところは
ありました(笑)



戦闘なんか、
特定のボスを除けば
敵から受けるダメージのほとんどが
もう0か2ケタくらい。


そんな中 新しいエリアで
初めて出会った敵から、
いきなり3ケタダメージを喰らったり、
こちら側の攻撃が
全く効かなくなるなんてことも。


しかし この辺りのバランス調整に、
むしろリアルさを感じて
それが 逆に面白くなっている
要素なのかも?とも思えました。



にしても、
ラストダンジョンに入ってからの
いきなりの敵の強さUPには
参ったなぁ。(



ファンタジーなのか?

ストーリーなのですが、
ゲームタイトルにあるような
ファンタジー色が、
他のFF作品と比べると
薄めのような感じがしました。


どちらかと言うと
人間ドラマ色が強い。


ドラマ色の強さで言ったら、
『FF4』に似た感じがするかな。



こんな人間味あるストーリーと、
独特のシステムが相まって
『FF2』という作品は、
他のFF作品と比べて
ちょっと 特殊な作品に
見えるのかな?と思いました。



ウボァー!

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5785-8afdbd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック