ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

この記事は 2013年12月22日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
アスミック
 発売日 1989年11月24日
価格6500円
 何ゲー?
 おすすめ度
コズミックイプシロン タイトル


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンカセットオールカタログ’91)

3Dシステム対応で燃えろ!

『スペースハリアー』のような3Dシューティングゲームで、
全部で8ステージあります。

大容量で、スムーズなスクロールと細かな動きを表現していて
3Dシステムにも対応しています。


大技林のゲーム通信簿61点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コズミックイブシロン


コズミックイプシロン 攻略

スポンサード リンク




主人公の上に浮かぶ球体?から
ビームが発射されるという 特徴ある武器での攻撃と、
画面下部の、滑らかなスクロールが印象に残るシューティングゲームです。


このゲーム、やってみると難しいのですよね。
全然 先へ進められなくて…

当時は 単純に、「難しいゲーム」という印象でしたが、
年を取ってから、こうしてプレイ動画なんかでゲームを再確認してみると
いろいろと新しい発見があります。


最初にも書きましたが、特に
床面のスクロールがすごい。

他のファミコンの3Dシューティングゲームと比べても、
この、向こう側から 滑らかに迫ってくる感じは
ファミコンのゲームとは思えない程に、よく出来てるなぁと思いました。


あと音楽ですね。

動画も紹介しておきましたが、1ステージ目のBGMには
PSY・Sという音楽ユニットの、
『Parachute Limit』という楽曲が使われています。

良い曲なんですよ。


昔は気が付きませんでしたが、
グラフィックも音楽も、非常にセンスあるゲームだったんだなぁと
プレイ動画でゲームを振り返ってみて、思いました。


にしても、終盤の 連続障害物避けの場面は
どうやっても 自力では抜けられそうにありません…(- _ -;)

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5747-00077a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック