ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


この記事は 2013年11月19日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

ボンバーマン タイトル

機種PCエンジン
メーカーハドソン
発売日
 1990年12月7日
価格5,300円
何ゲー?爆弾設置ゲー(PCエンジン)
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
おすすめ


CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

ファミコン版をリメイクした、
パズル要素を含んだ
アクションゲームです。

多人数プレイが売りのゲームで、
最大5人までプレイできます。


大技林のゲーム通信簿79点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入

どたまのレビュー

アクションゲームというか、
もはや 1つのジャンルと
言ってもいいくらい?

1人でも遊べるけど、
対戦ゲームとしても
おなじみの『ボンバーマン』。

このPCエンジン版では
マルチタップを繋げば
最大で5人まで
同時に対戦ができるから、
より熱くなれます。

PCエンジンで
初登場のボンバーマンであり、
以降シリーズ化されてますが、
基本的な面白さは
初登場作でも変わらないです。


ボンバーマン 【PCエンジン】


スポンサード リンク


ボンバーマン 攻略






対戦が熱い!

当時、マルチタップは
持っていたのですが、
残念ながら PCエンジンの
『ボンバーマン』シリーズでは
知り合いと対戦プレイすることは
ありませんでした。


ボンバーマンはやっぱり、
対戦が熱いですよね!



かわいい!

ファミコン版と比べると、
ガラリと変わったパッケージ絵。


白を基調とした背景に、
デフォルメ化された
キャラクターが全面に出てて
とても かわいらしい
パッケージとなっていますね。



実は大の苦手

『ボンバーマン』
素晴らしいゲームだと思いますが、
私がとても苦手とする
ゲームであります。


前にも書きましたが、
自分はゲームする時には
いつも せっかちなプレイに走るので
ボンバーマンをやる時には
いつでも、どうしても
先へ先へと進めたくなる余り、
壁を破壊するつもりが、
いつの間にか自滅…
というパターンの繰り返しです。


このスタイルは
長年経った今でも、
恐らく変わっていません。



私が どれくらい
ボンバーマンが下手かと言うと、
かつて経験としてあったのが、
ニンテンドウ64のボンバーマンを
友人たちが 私の家に泊まって
深夜に、延々とプレイしていた時に
余りにも 私が下手すぎて、
何度でも同じようにやられるものだから、
それがツボに入ったのか、
友人のうちの1人が
日常では 決して出さないような、
まるで人間とは思えない声で
げらげら笑いまくるくらいでした。


なのでボンバーマンに関しては、
今でも 遊ぶのに少し抵抗があるし、
苦手意識が拭えません…

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5727-49985968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック