ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2013年10月24日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
コナミ
 発売日 1993年7月20日
価格4500円
 何ゲー? あの頃の
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
ゴッドメディスン タイトル

ゲームプレイ動画(実況あり)


どんなゲーム?(参照:超絶大技林)
ナオト、ミキ、ケンスケの3人が
ゲームの世界と 現実の世界を行き来して戦うといった
ちょっと変わったストーリーのRPGです。

キャラごとに 装備できる武器が決まっていて、
魔法の元になる宝石と組み合わせて使えば、
それぞれ 特徴的な攻撃をすることができます。


1_20170128094754bf1.jpg 2_20170128094801399.jpg
       ↑現代風の町を探検             ↑ここはお城だろうか


大技林のゲーム通信簿72点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
子供の、純真な心を持った頃に遊んでおきたかった…
そんなRPG。

もし この記事を読んでいる方の中で、
「私、小学生です!」
というレトロゲーム好きの人がいれば(?)
今のうちにプレイしておくことをオススメします!(…いないか?)

あと、一本道のRPG好きな人には おすすめかな。


ゴッドメディスン ファンタジー世界の誕生
コナミ (1993-07-20)
売り上げランキング: 33,454


ゴッドメディスン ファンタジー世界の誕生
スポンサード リンク




あの頃のロールプレイングゲー?

何ゲー?の項目で そう書いたのですが、
どう表現していいか分からなかったので
そのように 書きました。


このゲーム、小学生くらいの時に プレイした方にとっては
とっても印象に残っているソフトなんじゃないかと思います。


ちょうど それくらいの多感な時期に触れた作品って
ゲームに限らずとも、アニメや小説でも どれも皆
今でも、何か特殊な思い出として 残ってたりしないものでしょうか?


その中でも 特に、現代世界+ファンタジー系統の作品には
小さい頃には 夢とか、憧れを抱く分
印象深く残りやすいと思うのです。
自分の頃で例えると、『ワタル』とか『グランゾート』とかのアニメですかね。


このゲームも、そんな作品だと思うのです。


私は残念ながら もっと大きくなってから遊んだのですが、
できればこのゲームも
リアル小学生の頃にプレイしたかったかな…と思います。


この『ゴッドメディスン』も 登場人物が小学生ということや、
夏休みに起きた出来事 という設定もあって、
当時 小学生の頃にプレイした方にとっては
自身と キャラクターたちとが重なって、
大人になった今でも、特殊な思い出となって
記憶に残っている作品なのではないでしょうか。


だから 何ゲー?の項目を他の言葉に言い換えるならば、
ノスタルジックロールプレイングゲー?くらいに言えるのかな?
と思います。


…ここまで書いておいて やっぱり うまいこと説明ができないのですが、
この下りについては、あくまで個人的な考えであります…


王道RPG…ただし

ネタバレ要素あります。


このゲームの難易度については
たぶんRPGの中では 易しめな方で、
クリアまでには そう無茶苦茶 時間がかかる訳でもありません。


言ってしまえば、本当に普通のRPGです。

ただし 自由度は低めで、ほぼ一本道シナリオ。


次から次へと目的が与えられ、それをこなしていく感じです。
他のRPGであるような、船とか空飛ぶ乗り物を動かして
未知の大陸を目指す…みたいな展開もありません。


システム面では 戦闘に工夫があって、
中盤くらい?からまふうというコマンドが使えるようになって、
武器とアイテムを組み合わせることによって、
敵へのダメージを増やしたり、味方を補助したりと
戦闘を より戦略的に進めることができるようになります。


あと ダンジョンの途中や、レベルアップ時に回復できるシステムもあって
もし このような(ありがたい?)回復システムが備えられていなかったら
このゲーム、結構厳しくなると思うので
評価もまた 変わっていたのではないかと思います。


復刻版の存在

この作品、オリジナル版の発売から5年後に
追加要素が加わった『復刻版』が発売されています。


私は、復刻版の方は未プレイでしたので
追加要素である、エンディングの追加シナリオが見たくて
今回 復刻版のプレイ動画を見てみたのですが、
オリジナル版の方では、エンディングは
何か スーッと終わってしまったような感じがしたのに対して
復刻版の方では、その スーッとした感じはなくなっていて、
個人的には 良い感じに改善されていたように思いました。


オリジナル版も、復刻版のような締め方だったら 少しは感動してたかな。

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5707-fb60a837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック