ブログパーツ ②【215本目】 弟切草(スーパーファミコン) 無と無の間 ~レトロゲーム篇~

無と無の間 ~レトロゲーム篇~

 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


②【215本目】 弟切草(スーパーファミコン)

この記事は 2013年10月17日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 弟切草 タイトル

機種スーパーファミコン
メーカーチュンソフト
発売日
 1992年3月7日
価格8,800円
何ゲー?初のサウンドノベルゲー(ミイラ)
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆


ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

「サウンドノベル」という、
新しいジャンルを開拓した意欲作です。


洋館を舞台に、
主人公と恋人の奈美が
ある事件に巻き込まれていくという
ストーリーです。


画面上に表示される小説を読みながら
主人公の行動や、
セリフを選択してゲームを進めていきます。


選択肢次第で、
その後の展開が変化していきます。



大技林のゲーム通信簿78点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

『弟切草』の登場は、
新しいゲームジャンルの
登場でもありました。

この作品の後、
サウンドノベル形式のゲームが
続々と登場しましたね。


サウンドノベル最初の作品
ということもあってか、
後続の同系統作品にも触れていると、
改めて『弟切草』をプレイした時に
どうしても粗っぽさを
感じる所も見られますが、
それでもやはり
この『弟切草』という作品の誕生は、
一種の発明だったのではと思えるのです。


弟切草





弟切草 攻略






サウンドノベルの登場

思えば、ファミコンから
スーパーファミコンの時代に
移ってからは
ファミコン時代にあったような
コマンド形式のアドベンチャーゲームは
あまり見かけなくなりました。


ファミコンから、
スーパーファミコンになったことで
グラフィックや、音質、
その他の機能面が
パワーアップしたことで
クリエイターさんが
スーファミだからこそできる、
新たな試みを目指した末に
こうした、新しいジャンルである
サウンドノベル
生まれてきたのだと思います。



この『弟切草』が登場してからは、
まるで アドベンチャーゲーム
=サウンドノベル
のような形式が
出来たように思えて、
そう考えると、
サウンドノベルの登場が
もたらした影響力というのは
すごい事だったんだなぁ、
と思います。



新しいジャンルは売れるのか?

恐らく ゲームの企画段階で
「小説に 音や音楽を付けて、
 TVで読むようなことは
 やれないだろうか?」

という提案が出た時に、


「商業的には
 果たしてどうだろうか?

 そんなものを出して
 売れるのだろうか?」



という話になったはずです。




それでも『弟切草』
ちゃんと 世に出てきてくれたおかげで
その後に続く
サウンドノベルの歴史が
積み重ねられてきた訳で、
最初の企画が
もしも通っていなかったとしたら、
私の大好きなゲームの1つである、
『かまいたちの夜』の登場も
無かったのかもしれません。



そう言えば、
これは私の記憶違いかもしれませんが、
昔 買ったゲーム雑誌に、
この『弟切草』の開発段階での
画面が載っていたのですが
その時はまだ、
画面に背景が無く、文字だけ
が映っていました。


文字と音楽だけのゲームでなく、
画面に背景を付けたことは
個人的には
正しい判断だったのではないかと
思います。



『かまいたちの夜』
では 更に、
人物シルエットが加えられました。


私は あれも、
かなり画期的な手法だったのではないかと
思います。



繰り返しプレイするか?

1度最後まで読み終わると、
次回から新しい選択肢が増えたりして
その都度 変わったストーリーを
読むことができるので
繰り返し、
何度も楽しむことができるのが
このゲームの特徴です。


私は、サウンドノベルは
続編である『かまいたちの夜』から入った口で、
かまいたちに至っては
全てのシナリオを読むくらいにハマりました。




その後で
かまいたちの前身がある事を知り、
この『弟切草』を買ったのです。



ところが、どうも
『弟切草』については
ハマるまでには至りませんでした…



推理系ではなく、
ホラー系の作品だということは
買う前から知っていたので、
プレイ前には ある程度、
恐怖的な覚悟(?)をしていたのですが、
エンディングまで
1プレイし終えても
「あれ?
 どこか恐ろしい所なんてあったっけ?」

という感じでした(


途中出てきたミイラだけは
やたら印象に残りましたが、
ホラー作品として見るには
何だか物足りなさがあり…

私はちょっと、
繰り返し 何度もやろうという
気にはなれませんでした。



それはつまり、自分の中では
『かまいたちの夜』という作品の完成度が
すご過ぎたのかな?とも思い…



その、『かまいたちの夜』についても
いつか記事にしたいなと思っています。

関連記事

スポンサードリンク

レジェンド作品(★★★★★★★★★★

テトリス

神おす作品(★★★★★★★★★☆

ギミック 夢の泉 聖剣 かまいたちの夜 新桃 マリオRPG マリオワールド 聖剣2 半熟

激おす作品(★★★★★★★★☆☆

クォース FF3 マリオ3 時の過ぎゆくままに ドラクエ4 へべれけ MOTHER ロックマン2 ロックマン4 うしろに立つ少女 6つの金貨 魔界塔士 エストポリス伝記 エストポリス伝記2 がんばれゴエモン がんばれゴエモン2 す~ぱ~ぷよぷよ スーパー桃太郎電鉄2 超魔界村 テイルズオブファンタジア フロントミッション ガンハザード ロマンシングサガ3 R-TYPE オーダイン PC原人 北斗星の女

おすすめ作品(★★★★★★★☆☆☆

アイドル八犬伝 ドラキュラくん SASA クインティ グラディウス 烈火 さんまの名探偵 スーパーマリオブラザーズ ツインビー テトリス 東方見文録 ドクターマリオ ドラゴンクエスト3 オホーツクに消ゆ タルるートくん マルサの女 夢ペンギン物語 ロックマン3 ロックマン5 ロックマン6 ワギャンランド ワギャンランド2 悪魔城ドラキュラ 危険な二人 新・鬼ヶ島 カエルの為に鐘は鳴る クイックス サガ2 サガ3 ビタミーナ王国 星のカービィ レッドアリーマー イデアの日 ガイア幻想紀 カブキロックス サンサーラ2 GOD エキサイト ジェリーボーイ ジャングルウォーズ2 超原人 スーパーワギャン ストリートファイター2 大貝獣物語 第4次スパロボ 天外魔境ZERO タルるート ルドラの秘宝 ロックマンX ロマサガ2 ワンダープロジェクト エイリアンクラッシュ ギャラガ’88 スペースハリアー PC原人2 ファンタジーゾーン ボンバーマン 魔境伝説 桃太郎活劇 うる星やつら 天外魔境ZIRIA FFレジェンズ

非おす作品★★☆☆☆☆☆☆☆☆

ライジンオー アミーダくん タスマニア物語 ちびまる子ちゃん ディープブルー
00:00 | トラックバック:0 | スーパーファミコン |TOP



トラックバックURLは http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5702-2376ceaa

トラックバック


コメント

これは遊びました。 by ねむりねこ : URL
懐かしいですね、サウンドノベルというジャンルを確立した名作ですね
かまいたちの夜で決定的になりましたけど以後たくさん
まねゲーがでました。
PSのほうでヒロイン目線の書き下ろし版が発売されてますね
そちらも興味あるのですが(^^;
2013/10/22(火) 23:29:23 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。 by Dotama : URL
PSで出たやつというと『蘇生編』の方でしょうか?
奈美目線の追加シナリオがあったのですね。

PS版では『かまいたちの夜』と『街』をプレイしました。

キャラクターが実写でしたが、『街』も 面白かったですね( ´-`)
2013/10/24(木) 06:54:13 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内の記事検索

レトロゲーム プレイメモ

ちょっとだけよ…♥

気になる~

ちょいレトロ

やってみるさ!

2017年12月17日付

見た映画

スポンサードリンク

イデアの日 攻略チャート

新 桃太郎伝説 攻略チャート

カブキロックス 攻略チャート

ジャングルウォーズ2 攻略チャート

エストポリス伝記 攻略日記

【SFC】アレサ 攻略チャート

デュアルオーブ 攻略チャート

レナス 攻略チャート

勇者30 攻略日誌

スポンサード リンク

月間記事ランキング(攻略単発記事は省略してあります)

スポンサードリンク


ブログランキングにポチっとな

にほんブログ村 ゲームブログへ


これまでの入場者数

プロフィール

どたま

  • Author:どたま
  • このブログでは レトロゲームを中心として
    たまに個人的な事も書いています。

    Twitterでは日々のことを呟いています。
    どたま@むとむのま

    Instagramでは 日々撮った写真を載せています。
    どたま

    管理人に連絡したいことがございましたら
    こちらからお願い致します。
    通常コメント欄からですと
    どたまが気付かないことが多く、
    返事が遅れることがあります(
    送って頂きました案件を
    見送りさせて頂く際には
    メールでの返信は致しませんので
    あらかじめご了承下さい。

カテゴリー 一覧

タグ(記事が多い順)

BGM ハイセンス ゴエモン サガ アスク講談社 ボードゲーム 音声 スヌーピー 業務連絡 資格試験 アスミック らんま1/2 クラシック 麻雀 カプコン 言霊 BGM マイナー 遊園地 メディアリング BPS イマジニア 運転 コナミ PCエンジン スーパーマリオ トーワチキ その他 記念 カタカナ コミカル ゲートボール ネタバレ ブロック崩し 百合 超能力 スーパーファミコン ブログ キングレコード ドム ヘクト ガンダム 宗教 データイースト 相撲 落ちゲー シューティング ワギャン ファミ通 ポチ ロッテ バンダイ ダイエット はにわ ケムコ 効果音 パズル 日記 仮面ライダー 南極 ロムロム プロレス ドラえもん 名古屋鉄道 スパロボ デザイン サイケデリック シグマ商事 桃太郎 ヨッシー スーパーグラフィックス 実況 バンダイナムコ サッカー 推理 オセロ 運動 ゲームカタログ 思い出 ジャンプ ドラキュラ 戦国 ロックマン ギャグ プレイステーション 未来博 キテレツ大百科 コラボ FF SCE カルト 野菜 宇宙 テクモ カルチャーブレーン トミー セガ 釣り CD-ROM2 ゴマちゃん ツクダオリジナル アルトロン マリオ アトラス 神おす リフティング 小宇宙 タカラ ビクター音楽産業 テトリス RPG パチンコ フロントミッション テンプレート ピクロス 三井不動産・電通 ほんわか 教育 ナツメ 自転車 乙四 じっくり ミックス メサイヤ トンデモ ザウルス タイトー SF ロボット プレイ日記 ファミコンミニ ガンシューティング ゲームギア ココナッツジャパン パーティ サラダ ミリタリー 電車 マクロス クイズ 格闘 ほのぼの Jリーグ 激おす PSVITA 戦場 ドラゴンボール レジェンド ロード時間 ユニーク 東宝/小学館プロダクション ピンボール シンプル 人生 ポニーキャニオン パック・イン・ビデオ 倉庫番 クリスマス 濃い目 ハドソン トンキンハウス カタログ サンリオ バンプレスト NHKエンタープライズ マインドスケープ 対戦 お菓子 タルるートくん アシベ エニックス 奇ゲー 難しい バップ 原人 ファミコン ウルトラマン 東京書籍 おすすめ 無理ゲー 特殊 岐阜 徳間書店 あみだくじ ナムコ 携帯アプリ 危険物 アクション 聖闘士星矢 ジャレコ 九娯貿易 オムニバス ワンダースワンカラー タルるート 天外魔境 エンカウント率 バグ アイレム ビデオシステム 新作 SE 東宝 忍者 ショウエイシステム 苦労 ボリューム 育成 ビッグクラブ SNK タケル ゲームボーイ アイドル PLG 桃太郎伝説 3D ビックリマン バイク セタ ビクターエンタテインメント 悪魔 PCエンジン ビック東海 エルドラン 伝説 データベース タレント PS 宮沢賢治 ロマサガ アクションRPG サンソフト 和風 3DS 聖剣伝説 ペンギン ゲーム フェイス デジタルコミック 妖怪 任天堂 トラウマ ミサワエンターテイメント ザムス エイコム レトロゲーム プレステ 魔神英雄伝ワタル アドベンチャー 東映動画 ぷよぷよ エポック社 スポーツ ファミリートレーナー 乙4 ホラー サンライズ 資格 プレミア 桜玉吉 RPG キャラクターソフト NECアベニュー ファイナルファンタジー カルマ PV メタルマックス エピック・ソニーレコード キン肉マン コンパチヒーロー 特撮 点滅 かくれんぼ クレイジー ゴルフ ソフエルブロック崩し エンカウント テーブル SCE エンジェル テイルズ やのまん テニス 野球 CDロムロム ロボ ディスクシステム PS 森永 小説 やさしい 引っ越し アスキー M ふんわり フィッシング マウス ウルトラクイズ 移植 レビュー スーパーチャイニーズ ナグザット サン電子 デコゲー スクウェア・エニックス シミュレーション カービィ ダイソン 徳間書店インターメディア ギャンブル ケイ・アミューズメントリース パロディ ミニゲーム MOTHER 運ゲー 非おす レース スクウェア

総合記事ランキング(2016年8月29日集計開始) 攻略チャート記事は省略

どこから来たの?ランキング

どこへ行くの?ランキング