ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年9月21日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
バップ
 発売日 1989年12月1日
価格5500円
 何ゲー?
 おすすめ度
TAO タイトル

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

悪を倒して世界を救うのだ

コマンドの表示は 漢字1文字です。

戦闘は Aボタンをひたすら連打といったスタイルで、
今までのRPGとは 少し違っています。

慣れるまでは 少しややこしいかもしれません。


大技林のゲーム通信簿46点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


TAO -道-


道(TAO)
スポンサード リンク




別に やりたくありません。

これも気になったソフトの1つということで… (^ ^;


プレイ動画を見るだけで もう、お腹いっぱいです。


流れに ついていけない。

いや、ついていこうとはしなかった。

え、ついていってはいけないって?


漂う宗教臭。

タイトル画面で流れるBGMも、
まるで ファミコンからテルミン音源。

過去記事にある 『東方見文録』に通じるところがあるかも。


でも、『東方見文録』の方が
まだゲームとして、やってて面白そうだもんな…

『東方見文録』も、内容からして いろいろ書かれているけど、
個人的には あれはあれで衝撃受けたし、
ゲームとしてでなくても、1つの作品として十分見られるもの。


この『道(TAO)』では
もし、実際にプレイしてみたとしたらどうなるんだろう?

なんだかんだで、良いように評価しちゃうんだろうか。
それって 洗脳完了ってことか?


ファミコンにも、こんなゲームがあるのですね、と…

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5681-32192f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック