ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年9月9日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

ドラゴンクエスト2 タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーエニックス
発売日
 1987年1月26日
価格5500円
何ゲー?高難度ロールプレイングゲー
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

マップの広さはⅠの4倍

『ドラゴンクエスト』の第2弾です。

この作品により
ドラクエはシリーズ化されて、
確固たる人気を手にしました。


ROM容量も増えて、
新たな移動手段として
船が登場したり
旅の扉が登場したりして
豊富な内容となっています。


Ⅱでは 謎解き要素が深まり、
イベントの数も増えて
ゲームの難易度も 上がっています。



パーティプレイの導入

Ⅰは一人旅でしたが、
Ⅱでは 仲間と一緒に
旅をすることになります。


パーティプレイの面白いところは、
1人がやられてしまっても
他のキャラクターに治療をさせて
元通りにしたり、
戦闘で 武器と魔法の
混合した攻撃を繰り出すことができるなど
多彩な攻撃バリエーションが
生まれるところです。


仲間の特徴を活かして
ゲームを進めましょう。



どたまのレビュー

レトロゲームが、
「ヒントが少ない上に難しい」
というようなイメージを
世間に定着させたのは
この『ドラクエ2』によるものが
大きんじゃないだろうか?
って思えるくらい、
ゲームの難しさは
高く仕上がっています。


例え国民的RPGである
ドラクエだとしても、
この2作目は
心してかからねばならない。


にしても、前作から約半年で
この作品が出てきたところが凄い…


ドラゴンクエストII 悪霊の神々 150ピース ジグソーパズル


ファミコン ドラゴンクエスト2
スポンサード リンク




2作目は難しい?


レトロゲームの、
特に2作目は
1よりも難易度が
高めになっている作品が多いような…


メジャー作としては、
『スーパーマリオブラザーズ2』
なんかがそうでしたね。


あれは元々、
FOR SUPER PLAYERS
と銘打って、
難しく作られていましたが。



Ⅱと言ったら やっぱり高い難易度!

たとえば
ファミコン版のドラクエ2では、
どんな所が難しいのかと言えば
戦闘で 敵から先制攻撃されると、
あっという間に全滅なんてザラ。


全滅の話となると、
終盤の敵が連発してくる
全体即死系魔法の
ザラキの話題が多く挙がりますけど、
序盤でも、集中攻撃されたら
もう、ぼっこぼこです。
スーファミ版では より遊びやすく、
バランスが改良されています。


ドラクエ名物?
はぐれメタルなんか現れたら、
「ウホッ ラッキー!」
なんて思うかもしれませんが、
下手したら
はぐれメタルで全滅です。


これ、嘘かも
と思われるかもしれませんが、
Ⅱのメタル系の敵は
今のドラクエと同じように
もちろん、すぐ逃げてしまうのですが
普通に戦ってみると、
なかなか苦戦するような強敵なのです。
しかも頑張って倒したとしても、
あまり嬉しくない程度の経験値という…



そして戦闘だけではない。


やはりⅡは、
ダンジョンの難解さが有名で
特に終盤、
ロンダルキアの洞窟という所では
通常戦闘のハードさに加えて、
洞窟の構造が
迷路中の迷路になっているので
並大抵の精神力では
とても太刀打ちできません。


ぜひ 藤岡弘、並の
精神力を用意しましょう。
これは納期の関係で
終盤のバランス調整が
できなかった結果らしいですが…



しかし何と言っても 最大の敵は
あの長い
ふっかつのじゅもん(パスワード)
だったかもしれませんね。


私も、たぶんこれのせいで
Ⅱは何度も途中で挫折しましたし…



素晴らしき音楽

電源を付けてからの、
タイトル画面→名前入力画面
→お城
のBGMコンボで
まずやられます。


個人的に、ドラクエⅡで
一番評価したいポイントは音楽です。


仲間が3人揃った時、
船に乗った時、
また Ⅰの舞台であった、
アレフガルドに降り立った時に
自動的に切り変わる
音楽の演出に痺れます。




少し前に 別記事でも触れましたが、
エンディング曲には 特に感動しました。


当時 苦労の果てに
自力でクリアーしたプレイヤーの方で
このエンディングを見て、
そして流れてくるBGMを聴いて
感動しなかった人は
いないんじゃないだろうかと思います。



パッケージにネタバレが?


これ当時のプレイヤーは
何か思ってたんでしょうかね?


悪の親玉 大神官ハーゴンの名前は
ゲーム開始後すぐにも出てきますから
パッケージの左側に描かれている人物が
それじゃないかと
予想できると思うのですが、
ラスボスまで
辿り着けた方からしてみれば、
よくよく考えると
うっすらと パッケージの後ろ側に
描かれていたのは…

あれ、もしや?


別ゲーのネタバレになりますけど、
SFCの『摩訶摩訶』なんかも
(目を凝らして)よく見ると、
パッケージに
ラスボスが描かれていましたね。



自力では…

私も、Ⅱについては
自力ではクリアーしておらず
借りたパスワードだったかな?で
プレイさせてもらいました。


その頃には
攻略情報なども知れ渡っていましたので
謎解きなどについては
割と容易だったのですが、
発売当時は こりゃ、間違いなく
無理ゲーと思われていたろうな…
と。(^_ ^;)

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
自力クリア…
Dotamaさんこんばんは!

わたしは実はまだ、、自力クリアしたことが、、

当時ロンダルキアへの洞窟まで行ったところで挫折しました。
後日洞窟を抜けたふっかつの呪文を誰かからもらってクリア(^^;
はかぶさの剣とかも使ったし、、

しかしあの洞窟の落とし穴、完全にトラウマですね。。

SFC版も途中まではやったんですが、忙しくなり放置してて、、
今度もう一回やってみようかな(^^)
2013/09/09(月) 23:33 | URL | ひでちゃん #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
私も、ⅠとⅡはSFC版からやり始めて、両方ともクリアしたのですが
FC版の方は、途中で投げてしまったので、ひでちゃんさんと同じように
借りたパスワードを使って クリアさせてもらいました(^_^;)
なので FC版のⅡは、自力クリアは していないですね。

今なら、分からない事も すぐ調べられるので
謎解きや、ダンジョンの突破は たやすいでしょうが
いろいろと他にやる事もありますし、なかなか
これからFC版のⅡを プレイし直すような気にはなれません…(ーー;)
2013/09/10(火) 20:35 | URL | Dotama #-[ 編集]
体に染み込んだDQⅡ
先日、そのファミコン版をクリアしましたわ。何というか、骨の随までDQⅡが染み込んでいますね。

「○○にはあれがあり、その次は××に行く。その時のモンスターのあいつには注意しないとダメだな」

って風に、攻略サイトなど確認せずともスラスラやることを覚えているwwww
おかげでLv20でロンダルキア越えしました。クリアしたのはLv28…
恐らく自分自身死ぬまで覚えている事なんじゃなかろうかと思いますね。それだけ幼心に深く刻まれたゲームです。
2013/09/11(水) 07:00 | URL | 髭人 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
そう言えば、先日Twitterの方に
プレイに関するつぶやきを されていましたかね?(´∀`)


私は、Ⅱは 自力クリアこそしていませんが、
内容がきつかった分、ⅠやⅢよりかは 印象に残っているゲームです。

私は どれだけたくさん遊んだゲームでも
何年か経つと、細かい部分については 内容を忘れてしまうので
再び遊び直すゲームでも スラスラ解けてしまえるというのは、
これは私からすると凄いと思うし、うらやましいなと思います。


さて、そろそろ次のドラクエ作品の記事の準備をせねば…(ー ー)
2013/09/12(木) 01:00 | URL | Dotama #-[ 編集]
懐かしいですね~

超難解な洞窟があったり探せるか~というところに重要人物がいたり
SFC版ではその辺も含めて調整されてるようですが・・・
でもやっぱりどんなに理不尽でもファミコン版をクリアしないと意味がないですね(^^)
このゲームは社会人になってクリアしたゲームです。
2013/09/15(日) 19:32 | URL | ねむりねこ #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
私も後になって SFC版はクリアできましたが、
やはりファミコン版の、あの難しさを突破してのクリアでないと
「ドラクエ2をクリアしたことあるぜ!」
とは 自信持って言えないですよね(^ ^;

歌の歌詞にもあるように、ファミコン版ドラクエ2のクリアについては
「少年時代の見果てぬあの夢 今でも心に抱き続けてる」
みたいな感じです…
2013/09/17(火) 00:01 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5671-e7af5663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック