ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年9月3日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

ドラゴンクエスト タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーエニックス
発売日
 1986年5月27日
価格5500円
何ゲー?国民的ロールプレイングゲー
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

RPGをメジャーにした1作

『ドラゴンクエスト』。

この名前を
聞いたことのない人は
恐らくお年寄りぐらいでしょう。

ファミコン界のみならず、
社会現象としてまで取り上げられ
大ブームを巻き起こした
ドラクエシリーズ。


その第1作目が このゲームです。


RPGというものの存在を
このゲームで知った人も多いはずです。

アクションや、シューティングが
苦手だった層にまで
ファミコンのファン層を広げました。


画面上にウインドウを開いて
コマンドを選択する方式は、
当時 目新しいものでした。


鳥山明のユニークなキャラ


『ドラゴンクエスト』
キャラクターデザイン担当は、
あの 鳥山明です。


モンスターたちも、
他のRPGと比べると
親しみの持てる、
ユニークなキャラクターが多いです。

中でも
スライムなどは人気者。


大技林のゲーム通信簿83点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
今日に至るまで、
数多くのリメイク作品が
作られています。

作り直された作品は
より遊びやすく作られていますから、
そういった、慣れがある状態で
改めてファミコン版を遊んでみると、
やはり それなりに
苦労する所もあるかと思います。

しかしながら、
今でも引き継がれるRPGイズムと
懐かしさを感じながら楽しむことができる、
まさに記念すべき作品だと思います。


ドラゴンクエスト


ファミコン ドラゴンクエスト
スポンサード リンク




もう200本以上も
レトロゲーム記事を書いているのに
未だレビューしていなかった
『ドラゴンクエスト』
ようやく このブログに登場です…


ドラクエ1については、
ちびちびとした記事は
確か 今までにも
何度か書いてきました。

なので、また以前書いた事と
同じ事を書くかもしれません。
ブログではなく、
 ツイッターの方でも
 書いているかもしれません。



まず、このソフトは
私がファミコン本体と
一緒に買ってもらったソフトであって、
そういった意味でも
記念すべき作品です。


私がファミコンを買ってもらう時、
おもちゃ屋で
ファミコンソフトが並べられている
ガラスケースの中に
たくさんのファミコンカセットが
並べられていて、
その中には既に、続編である
『ドラゴンクエスト2』
置いてありました。


そして、その横に並べられていたのが
前作の『ドラゴンクエスト』でした。


当時の私は
1と2のパッケージの絵を見比べて、
直感で かっこ良いと思ったのか、
1の方を選んで買ってもらいました。



ところが、いざプレイをしてみると
さっぱり訳が分かりませんでした。



最初 王様との会話があるのですが、
当時はどう見ても
かんむりを被った老けたアンパンマン
にしか見えませんでした。


主人公は常に
同じ方向(正面)を向いているのですが、
無装備状態だと
腕を左右に振っているので
小さい頃は
この動きのマネをしたりしていました。


あと洞窟に入ったら
画面が真っ暗になってしまうのですが、
当時はそれで
「ゲームが止まってしまった」
と思い込んで
いつも そこでプレイ終了、
ということを繰り返していました。



なので、買ってもらったのは
だいぶ小さい頃だったのですが、
実際 このゲームが
まともにプレイできるようになったのは
もう、それから
かなり先のことになりますね。



『ドラゴンクエスト』
の1作目は、
自分にとって
そんな思い出のあるソフトです。



年月が経って、
RPGやゲームのことも
だいぶ分かるようになってからプレイすると
いろいろ発見することもありました。


1って結構
内輪ネタが多いですよね。


ゆうていとか ぽーとぴあ とか、
普通に村人が喋ってます。


大事なアイテムが隠されている場所が
ゆきのふじいさんの家とかね。


小さい頃は 本当に
意味不明のメッセージでしたが、
今では結構意味が分かるので、
こういう所も 楽しかったりします。



あと 個人的にはやはり音楽


最初の王の間から出る時も
同じ音楽でも
音が変わってるんですよね。


洞窟で深みに入っていく度に
テンポが緩くなる演出は
未知の世界へ足を踏み入れるような
恐怖感を出していて
凄いなぁ、と思ったものです。



そんな訳で 結局、
ファミコン本体と
一緒に買ってもらったはいいが、
ゲームとして しっかりとしたプレイを
する機会が 少なかった本作でしたが、
ドラクエ4が出たくらいの頃に
よく読むようになっていた、
『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』
がきっかけで
再び ドラクエに関する情報や
知識を吸収して興味を抱き
4をクリアした後、
過去作を巡る旅へと
出かけたのでした-

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
Dotamaさん こんばんは!
読んでいて「うんうん」と共感してしまう部分が多かったです。

はなす→きた とか、当時は違和感感じなかったですが、今やると大変ですよね~
時代を感じてしまいます。。

それら王様の顔、、(^^;
話しぶりからして、もしかして王様?みたいな(笑)

でもやっぱりダンジョンのBGMが一番でした!
テンポが下がってキーも低くなって。
久々聞きましたが、あれは恐怖心あおりますね。
巧いですよね~ほんと


2013/09/04(水) 23:59 | URL | ひでちゃん #-[ 編集]
こんばんは!
ありがとうございます。

今FC版をプレイすると 進めていく上で苦労する部分、多いですよね。
階段に触れても、おや?上に上がれない。
「かいだん」コマンドを使わなければ…

自分は当時、FC版の1を1度離れてから
その後登場した、ドラクエ4をプレイしてクリアした後、
リメイクされたSFC版ドラクエ1をクリアしてから
また FC版に戻ってきた口ですが
何かしらのリメイク版のドラクエ1からプレイされた方には
クリアまでいかないにしても、初代ファミコン版のこの、
苦労する面含めたレトロさも 味わってもらいたいですね。(^ _ ^)
2013/09/05(木) 23:24 | URL | Dotama #-[ 編集]
今晩は~
ドラクエ懐かしいですね、私は子供の頃から生粋のメジャー嫌いだったので
流行り物には反発心をもっていました。
なのでドラクエよりもFF派でした。
どちらも人気が出るとまた違うほうに走ってましたし
ドラクエに関してはプレイしたのは大人になってからでしたね~
友達はこれってRPGって書いてるけど頭脳戦艦ガルのようなシューティング?
って聞かれたことがあります(笑)
このパッケージでシューティングはないでしょ・・・
2013/09/06(金) 23:33 | URL | ねむりねこ #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
ついに、ドラクエ1の記事を書くことになりました(笑)
この調子で、メジャータイトルも徐々に 記事にしていければな、と思います。

私は気付いた頃には周りが既に ドラクエフィーバーでした。
地元では、ファミコン時代はFFよりもドラクエの方が
やってる人が 多かったような気がしますが、
スーファミ時代になってから、FFとドラクエの
どちらもやる人が増えていた感じがします。

私も スーファミ世代なので、ちょうどこの頃に
ドラクエも、FFも 発売されていく度にやるようになりました。

この頃の作品群は 本当にどれも楽しかった気がします。
2013/09/06(金) 23:42 | URL | Dotama #-[ 編集]
執念
自分は友人から借りてバカみたいにやりこんでいましたね。
レベルMAXなんてのは当たり前。
竜王の城を明かりなしで最下階に行ったのですがそれでも飽き足らず壁に触れると「ドン」「ドン」音が出るのを利用して目をつぶって最下階まで行ったことがありますわ。
そこまで駆り立てるのはなんだったのか私自身わかりませんwwww


メジャータイトルだとどのタイミングで更新するか迷いますよね(笑)
2013/09/07(土) 19:26 | URL | 髭人 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
洞窟に入ると、突然 画面が真っ暗になってしまうし、
(当時は 意味が分からなかった)
それが 何だか怖かったこともあって
せっかく買ってもらったにも関わらず、すぐに止めてしまったので
私にとっては、やり込まなかったゲーになってしまいました(^_^;)

私が 本格的に遊びだしたドラクエシリーズは、ドラクエ4からで
以降、ドラクエ10を除いて 全てのシリーズをプレイしています。

ドラクエ以外でも、結構メジャーなタイトルは プレイしてきているのですが
おっしゃる通り、更新するタイミングに迷いますね。
とりあえず ドラクエシリーズは 今後ぼちぼち更新していけたらな、
と思っています。

でもメジャータイトルになると、1つの記事を書く時間がかかりそうで、
更新が 一層、滞りそうです…
2013/09/08(日) 23:51 | URL | Dotama #-[ 編集]
バッドエンディング
Dotama様、こんにちわ。

当時は小学生ながらこのゲームをプレイすると変な違和感を受けました。
それは主人公が背面と左右側面を見せずに歩くことです。

「あれ~今、主人公って背中を見せているはずなのに背中が見えないよっ!」
って画面に向かって言ってました。

あと最近、知ったんですけどファミコン版には独自のバッドエンディングがあるそうですね。

最後の竜王の質問のところで答え方を変えればなるそうです。

Youtubeを探してみましたがSFC以降のバッドエンディングしかなくてFC版は見れませんでした。
2015/02/08(日) 11:20 | URL | XぼっくすX #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
私も、このゲームをやった時は
まだRPGというゲームが何なのかも分からなくて
買ってもらったはいいが、結局 しばらく放置してしまいました汗

本体と一緒に買ってもらったソフトなので
思い出深い1品です。


バッドエンドの動画のURL貼っておきますね。

https://www.youtube.com/watch?v=d5EUwBucCyc
2015/02/10(火) 02:48 | URL | Dotama #-[ 編集]
動画URLありがとうございます。
どたま様、こんにちわ。
動画のURLありがとうございます。
早速見させていただきました。

なんとも悲しい終わり方です。
これって竜王の甘いワナに引っかかって振り出しに戻ってしまったってことでしょうか
(ノД`)・゜・。

なんとも・・・
「う~ん」
な終わり方です。
2015/02/11(水) 04:26 | URL | XぼっくすX #-[ 編集]
ふりだしに戻るみたいですね(^ ^;)

王様からも何ももらえず、何も持っていない状態で始まるらしいので
ゲームスタート時よりも 厳しい条件で
スタートしなければならなくなるようです。


竜王の出す選択肢で、
「はい」
を選んだ時に言うセリフ、
「わあっはっはっはっ」
は たまに自分もネタにさせてもらってます(笑)
2015/02/11(水) 07:48 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5664-838b9a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック