ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

スポンサードリンク


この記事は 2013年8月31日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

グラディウス タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーコナミ
発売日
 1986年4月25日
価格4900円
何ゲー?伝説の横シューティングゲー
おすすめ
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆


ファミコン版

アーケード版


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

完成されたゲームシステム

アーケードでは、
ファンに支持された『グラディウス』。

一貫したゲームシステムは、
完成度の高さの現れと言えるでしょう。


ファミコン版は、
オプションの数やレーザーの長さなど
容量の都合からも
アーケード版との違いがありますが、
ゲームの雰囲気や 操作感は
忠実に移植されていて、
更に ワープや隠れボーナスなどの
追加要素があります。


現在の
横スクロールシューティングゲームは
この作品を目標に
作られていると言っても
過言ではない程の 名作ゲームです。


大技林のゲーム通信簿78
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
不朽の名作シューティングゲームとして
名高い本作。

私は シューティングのゲームは
得意ではないので
伝説的裏技でもある、
コナミコマンドの存在は
非常にありがたいです(笑)

1機やられると、
少し前の地点に戻されて
なおかつ パワーアップも
解除されてしまうので
体制を立て直すのが
難しいんですよね…


グラディウス


ファミコン グラディウス
スポンサード リンク




私は、シューティングは

ダメだ。


苦手だ。



…いい加減、くどいな(



もちろん、ステージ内容を
覚えることも必要なのだろうけど、
シューティングなのだから
極力、その場その場の内容を
瞬時に把握し、
自力で先へ 進めていきたい。

イヤ、進めなければ
ならぬのだドカーン!!…ガメオベラー



そんな思いもあって、
アクションとは違って、やられては
ステージパターンを覚えつつ
プレイしていくというスタイルが
シューティングゲームになると、
どうも自分の中で 定着しなくて、
要は 苦手というか、
やり込むところまでいけないことが
ほとんどなのです…


コナミコマンドが無かったら、
火山の突破すら危ういレベルで…



いつか レビューすることに
なるかもしれませんが、
スーパーファミコンの『グラディウスⅢ』
初めて遊んでみた時、
同じように、ピンチの状況で
助け舟であるはずの
コナミコマンドを入力したら
自機が 爆発 したのは
いい思い出です。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
上上下下LRLRBA
シューティング苦手なんですか?
ちなみに自分もアクションと比べたら苦手な方です。

有野課長もシューティングが苦手なようで非常に苦戦していましたな。
グラディウスⅡなんかプレイすることになったら1面で焼き殺されまくりなのだろうなぁ…
難しいですが、名作です。

グラディウスの7面の閉まるシャッターを前にして後ろで射撃。

「破壊できるんだろ?破壊できるんだろ?破壊ぃぃぃ!?」

ドカァァァン

「理不尽だぁぁぁ!!」

と、思った瞬間でしたwww
2013/09/03(火) 19:49 | URL | 髭人 #-[ 編集]
こんばんは!
シューティング 得意ではないですね(^_^;)
シューティングで 裏技使わずにクリアーできたゲームは
たぶん、そんなにありません…

しかし自分、そうなると得意ジャンルって何なんだろう?って思います。
一応、パズルゲームになるのかな?

でも、ドクターマリオももう、大人になってからはグダグダプレイでしたし
今となってはもう、上手く進められるようなゲーム、
胸張って「このゲームは得意だ!」と言えたり、
自慢できるようなゲームは ほとんど無いかもしれません(´ω`)
2013/09/05(木) 23:16 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5660-c301249c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック