ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年8月18日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
任天堂
 発売日 1983年7月15日
価格4500円
 何ゲー? 最初のファミコンゲー
 おすすめ度★★★★☆☆☆☆☆☆
ドンキーコング タイトル

ゲームプレイ動画(実況なし)


どんなゲーム?(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

任天堂初期の名作

一時は ゲームセンターの花形ゲームとなった程の人気作で、
以降『ドンキーコングJr.』、『ドンキーコング3』などのシリーズを
産みだす母体となりました。

キャラクターもののアクションゲームの元祖です。


レディを助けてクリア!

ゲームはいたってシンプルで、
ドンキーコングに捕えられたレディを助けるため
プレイヤーは マリオを操ります。


様々なステージが楽しめる

このゲームは 全3面で構成されています。
現在で考えると 随分貧弱かもしれませんが
当時では 画期的なシステムでした。

3面までクリアすると、1面に戻ります。


unnamed_20161104012552afe.jpg 2_2016110401255962d.jpg
      ↑ハンマーを取ったぞ          ↑こんなステージもある


大技林のゲーム通信簿点数無し
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
ファミコン本体と 同時発売タイトルということでもあり、
あの世界的スター?であるマリオや、
ドンキーコングが初めて登場した作品ということでも
記念すべき作品ですね。

ファミコンへの移植にあたって、容量の都合上
カットされた部分もあるそうですが、
ゲームセンターでしか遊べなかった作品が、家でも遊べる!ということで
当時は夢中になって遊んでいた方も 多かったようです。


ドンキーコング [FAMILY COMPUTER]
任天堂
売り上げランキング: 4,780


ファミコン ドンキーコング
スポンサード リンク




レトロゲームと言ったら このソフトの話題が出てきますかね。

特にそれを象徴していると思えるのが 1面の構成で、
この1面の、1つの画面だけで
レトロゲームというものの存在感を示しているようにも思えます。


シンプルな中でも キャラクターの動きだったり、BGMだったり
いろいろと クセになりそうな要素が多いのです。

こういう所が レトロゲームの魅力ですよね。


私は特に、マリオが歩く時の
ピョコピョコ鳴る音がいい味出していると思います。

あと、ハシゴを昇り切る直前の マリオのケツかな?


無敵状態時のハンマー(ハンマーヘヴン状態)は
これ、すごいですね。

まるで上に書いた、クセになりそな要素を
すべて集めたものかのようです。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
Dotamaさん こんばんは!
このゲーム、音がいいですよね!
わたしも最近プレイしまして、マリオが歩く時の「ピョコピョコ音」かなり気に入りました♪
でもちょうどいい擬音とか思いつかなくて、記事では触れれず。。
音の表現って難しいです(^^;
2013/08/19(月) 22:15 | URL | ひでちゃん #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
音の捉え方は 人によってだいぶ違いますもんね。
それを伝えるのが なかなか難しいのは分かります(^_^;)

とりわけ、文章で伝えようとなると…(ー ー;)

『スーパーマリオブラザーズ』で マリオがキノコを取った時の効果音も
口で言えば多分、まだ相手に 伝わるかもしれませんが
これを文章だけで伝えようとしたら、かなり難しそうですもんね(汗
2013/08/20(火) 23:24 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5647-3b6a0dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック