ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2013年7月12日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

ドナルドランド タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーデータイースト
発売日
 1988年1月29日
価格5,500円
何ゲー?マクドナルドのアクションゲー
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

マックのドナルドが主人公だ

ドナルドランドが
グモン一族に襲われてしまいました。

リンゴ爆弾を武器に、
敵をやっつけていきましょう。

ステージクリアの後には
ショップがあります。



大技林のゲーム通信簿61点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

アクション要素が結構高くて、
特に ドナルドが投げる武器の
リンゴ爆弾を使ってできる、
アクションの多彩さには驚きです。

自分が投げた武器の上に乗って
更に高い所へジャンプとか。


この操作がなかなか
上手くいかないんだけど(笑)



これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ

武器のリンゴ爆弾は
敵に攻撃するだけでなく、
上に乗ることもできます。

状況に応じて使い分けながら
先へと進めていきましょう。


敵に触れると
乱闘が始まります。


ライフは1つ消費しますが、
敵は倒すことができます。



ゲームは はっきり言って
簡単ではないです。


前述の通り
アクション要素も高いし、
このゲームの特徴として
キャラがよく滑るので、
先へ進めるのには
なかなかのテクニックが必要。


加えて、中間ポイントが無いので
ステージの奥まで進めていたとしても、
1度やられてしまうと
ステージの始めからやり直しという、
ゲームとしては
厳しいスタイルであるので、
当時の子供たちも
なかなか先へと
進められなかったのではないでしょうか。



ドナルドランド
ドナルドランド
posted with amazlet at 13.07.11
データイースト
売り上げランキング: 26,965


スポンサード リンク


ドナルドランド 攻略






♪おいしい笑顔 マクドナルド~


ステージBGMで
思わず口ずさんでしまいますね。


昔のマクドナルドの
CMのフレーズが
ゲームBGMの一部に
そのまま使われているようです。



小さい頃、このゲームを知人の家で
遊ばせてもらっていたのですが、
若干、絵柄が怖かった覚えがあります。


背景とか ステージ毎の雰囲気が
良いのは分かるけど、
どちらかと言うと、それが逆に
ホラー色を強めてしまっている
感じがします。


何と言いますか、
濃いんですよね(



私と同じように、
小さい頃に このゲームで
遊んだことがある方の中には、
やはり 「このゲーム怖かった」
という方も見えましたね。


特に、ステージクリア後にある
カードめくりのドナルドの表情が
怖かったという意見が
多かったようです。



主人公がドナルドとは言え、
子供向けのゲームでは無かったのかも?

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
らんらんるー
懐かしいキャラというかこんなのいたのというキャラが沢山出るゲームですね。
3面が苦戦しましたわ。
枝ばかりの面で落ちやすいし
ボスの炎は1発で即死ですし…

りんご爆弾に乗るのは少々コツがいる。
うちのブログで予約投稿で8月2日に更新されますわ。(宣伝しとこう…)
2013/07/14(日) 05:25 | URL | 髭人 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
難しかったですよね。

動画で見たら 3面のボス、炎を吐く前に口の中に入ったら
そのままクリアできてしまう事が判明。
…知らなかった(゜д゜)

それでは8月の記事、楽しみにしています。
毎日来訪させて頂いております。m(_ _)m
2013/07/14(日) 16:44 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5617-28ef9c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック