ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2013年7月7日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

テトリス タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーBPS
発売日
 1988年12月22日
価格4900円
何ゲー?有名落ちゲー(ファミコン)
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
おすすめ


ゲームプレイ動画(実況あり)



ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

パズルのペレストロイカだ!!

ランダムに落ちてくる
7種類のブロックを
上手く組み合わせて
横1列に隙間が無いように
ラインを作り消していきます。

ステージクリア制となっており、
25列消すと、1ステージクリアー。

全部で6ラウンド・
10ステージあって
最初から
自由に選ぶことができます。

ファミコン版は、
ゲームボーイ版と
操作方法が違うので、
プレイする時には 気を付けよう!


ゲームボーイ版は こちら!


大技林のゲーム通信簿 … 85点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー

『テトリス』というゲームを、
ゲームボーイで初めて
プレイしたという方も
多いかと思います。

私もその1人だったのですが、
そういう人にとっては
このファミコン版『テトリス』
操作方法が違うので
最初はびっくりするくらい
思うようにプレイできません( 涙)

でも少し慣れてくると、
この操作方法が逆に
面白く感じるようになったりする。


テトリス
テトリス
posted with amazlet at 13.07.06
BPS (1988-12-22)
売り上げランキング: 13,613


ファミコン テトリス
スポンサード リンク




この間 岐阜のおじゃま館
たくさんソフトを買ってきて、
その中の1つが
この、ファミコンの『テトリス』でした。


今回、生まれて初めて
ファミコン版の『テトリス』
遊んでみたのですが、
ゲームボーイ版と
操作方法が違っているとは
知りませんでした。


・下ボタンで 回転

・右回転が無い

・Aボタンで
 瞬間的に下へと落下する



『テトリス』
結構得意なゲームだと
思っていたのですが、
これだけ操作方法が違うだけで、
なかなかラインを
消していくことができません。


最初プレイした時には
ステージ0・ラウンド0の状態ですら
まったくラインを消せずに
ゲームオーバー
なってしまったくらいでした。


でも、元々
『テトリス』というゲームには
慣れていることもあるので
頭の中で この、
操作方法の切り替えができてくると
徐々にではありますが、
ラインを消していくことが
できるようになりました。
それでも時折、よく分からない所へ
 ブロックを落としてしまい
 パニックになることもありましたが…


大体、ゲームを始めて
30分?くらいで
9-5をクリアして
エンディングを見ることができました。
たぶん あの画面が
 エンディングなのだと思いますが。


最後の方になると、
ゲームボーイ版に慣れた者としての
この特殊な操作方法でも
面白さを感じるようになっていましたね。


ゲームボーイ版でもそうでしたが、
タイトル画面からしてもう、
ロシア
を感じさせる作りになっていて、
全体を通して
ロシアテイストなゲームになっています。


このロシア色は、
ゲームボーイ版よりも
ファミコン版の方が強いかな?
タイトル画面に映る建物は
 聖ワシリイ大聖堂
 というらしいです…


特にBGMが良くって、
プレイ中 選ぶことができる3曲は
どれもいい感じなので
ぜひどれも聴いてみてほしいと思います。

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5599-3b3b051d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック