ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2013年6月27日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

クイックス タイトル

機種ゲームボーイ
メーカー任天堂
発売日
 1990年4月13日
価格2,600円
何ゲー?陣取りゲー
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
おすすめ


CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミマガオールカタログ)

究極の陣取りアクション


自機を動かして、線で囲んで
陣地を取っていくというゲームで
昔、アーケードで
人気のあったゲームの移植版です。

自機にできることは、
画面内に線を引いて
陣地を取ることだけです。

そして、陣地が
全領域の、一定の数値以上を占めると
クリアになります。

シンプルですが、
意外と戦略的要素が高くて
頭を使います。



大技林のゲーム通信簿60点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

ゲーム画面も割と地味で、
音楽も無く とっても静か。

時折 画面を漂っている、
クイックスの浮遊音が鳴り響くだけ。


でも いざ遊び始めると
いつの間にか熱中してしまう。


自分で どんな形を作りながら
攻めていくのか
考えつつ進めていくところが楽しい。



クイックス


スポンサード リンク


クイックス 攻略






このゲーム、とてもシンプルで
遊びやすいんですよね。


プレイヤーができることは
限られていて、
画面内に線を引いて
陣地を取ることだけです。


この線引きが
楽しかったりするんですよ。


このゲームの中毒性が高いのは、
この線引きによる所が
大きいですかね。


でも、調子こいて
大きな陣地を取ろうとした時に、
クイックス
(領地内を不規則に動いている
 放物線状の物体です)
の、いきなりの軌道変更に
やられてしまうことが多いです。


あと、線の上を動いている
スパークも厄介です。


線を引くにも、
ただ引くだけでなくて
慎重に引いていかないと
なかなか 高得点には
結び付きません。



線を引くスピードには
2パターンあって、
遅いスピードで引いた方が
獲得できる得点は高いですが、
その分、やられる確率
高くなります。



ゲームオーバーになると、
その時の得点に応じて
マリオ七変化?
見られるんですよね。

自分はなかなか拝むことが
できませんでしたが… (
プレイ動画で確認してみたら
 なかなかすごいマリオが
 おるやないか!



あと、このゲーム
当時やってたCMが
とても印象的だったので
役者さんが歌っていた歌は
今でも 覚えていたのですが、
改めて確認してみたら、
『探偵!ナイトスクープ』
の人やないか…!

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5583-d9097186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック