ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年6月16日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
PCエンジン
 メーカー
ハドソン
 発売日1988年3月25日
価格4900円
 何ゲー?バイオメカニカル
シューティングゲー

 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
R-TYPE I タイトル

激おす認定!




ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
PCエンジン初期の名作。

フォースと呼ばれる切り離し可能のオプションや、
溜め撃ちができる波動砲などは 当時としては とても斬新でした。

容量の都合上、2本に分けて発売されており、
本作はその前編にあたる ステージ1から4までが 収録されています。

クリア後に現れるパスワードを 続編の『R-TYPE Ⅱ』で入力することにより
Ⅰでのパワーアップデータを Ⅱに継続させることができます。


大技林のゲーム通信簿85点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


レビュー
ゲームセンターに全く行くことが無かった私としては、
移植度の高さで知られている この作品を
そういった視点で評価することはできないのだけど、
PCエンジン版が初めての『R-TYPE』だった私でも
この作品の凄さというのは 伝わってきます。
今見ても、そんな古いゲームだという感じがしません。

R-TYPE1 【PCエンジン】

スポンサード リンク


プレイ済の方向けのコメント(ネタバレあるかも…)

ⅠとⅡに分かれていた

小さい頃は、容量の都合上から 
この作品が 2部構成になっていることなど知りませんでした。

なので、『R-TYPE』として 全てのステージを遊ぶためには
の、2本を買う必要があります。


Ⅰの方は まだ何とか、発売当時 小さかった私でも
クリアーまでギリ行けたかな? という感じでした。

だがⅡはダメー… (-_ -;)


印象に残る要素がいっぱい

シューティングゲームを あまりやらない私でも、
このゲームでは 印象に残る要素がたくさんありました。


音楽もその1つですが、
特に痺れるのが、ボス戦のBGM。
イントロの音が効いてますね。

昔はプレイしながら、このイントロが流れるのと同時に
ステージ1のボスのしっぽが 突然見えて、そして緊張感が高まったものです。


ボスキャラのビジュアルインパクトも、どれも強烈です。

正直、当時は ステージ4までは なかなか進めなかったので
ステージ4のボスの印象は あまり残ってはいないのですが、
どのボスも 本当に強烈な個性を放っていました。

よく言われていますが、やはりステージ2のボスデザインはMAX強烈でした。

あの ウニョウニョした生物的な動きは、気持ちが悪いものでした。
幼な心に 何だかリアルに感じて、
「これ本当にゲームなのか、凄いな」的な。


ステージ3などは もう、ステージそのものが見どころです。


水色ピンク色が交差する、対空レーザーが綺麗で好きです。


どたまが このゲームで一番印象的だったところ
やっぱゴマンダー

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5564-ace23eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック