ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年5月31日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

エナジー

機種PCエンジン
メーカー日本コンピュータシステム
発売日
 1989年4月19日
価格5200円
何ゲー?キケンがいっぱいゲー
おすすめ度★★★☆☆☆☆☆☆☆


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

会話や謎解きなどの
アドベンチャー要素を含んだ
アクションゲームです。

超能力のエナジーボールを使って
敵を倒しながら
先に進んでいきます。

超能力は アイテムで
パワーアップすることができます。


大技林のゲーム通信簿56点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー

全体的にテンポの悪さが目立つ。

ゲームとしての
快適性が無いのに加え、
やられた際のコンティニューや、
ゲームを続きから遊ぶための
パスワード機能などが無いので、
果たして ゲームのクリアを
目指そうとする気が起きるかどうか。

それこそ、プレイヤーの
「エナジー」が問われそうだ。


エナジー 【PCエンジン】


PCエンジン エナジー
スポンサード リンク




どんなゲーム?

ステージクリア型ではなく
マップを探索して
先へ進めていくタイプの
アクションゲームです。


途中で
いろいろなアイテムが手に入り
その中には
攻撃のパワーアップアイテムもあります。


ゲームタイトルにもなっている、
エナジーによる攻撃を行うと
ESPのゲージが減ってしまいますが、
主人公が何もしないでいると
ゲージは次第に回復します。


強い攻撃になると、
ゲージの消費量は激しくなります。


HPは 道中で出現する
薬を取ったりすることで回復します。


イベントアイテムは
Ⅰ+Ⅱボタンの同時押しで
使用することができ、
これらのアイテムを使いこなさないと
先へ進むことはできません。


ライフのゲージがなくなると
ゲームオーバーです。


コンティニューやセーブ機能などは

ないです。




テンポの悪さが目立つ

なかなかかっこいいBGMと共に
オープニングが始まります。


そのすぐ後に、
名前を入力する場面が現れるのですが、
これが思うように入力できません。


ゲームが始まると
奥行きのあるグラフィックに
思わず下ボタンを押して、
下へ進めたくなるところですが、
進行方向は 左右のみになります。


そして、その先にいる敵に

「ばかが」

と言われます。


基本
1画面毎の構成になっていて
主人公が次の画面へ進む時は
画面がスクロールするのですが、
動きがとっても スローです。


次の画面へ移った後、
扉が閉まり 閉じ込められて
そこのフロアにいる、
全ての敵を倒さないと
先へ進めない、という場面が
たくさんあるのですが、
敵を全て倒したとしても、
しばらく時間が経たないと
その扉が開かれないという、
タイムラグがあります。


ボス戦も同じで、
ボスを倒したのに
しばらくの間
ボスの放つ弾が飛び続けます。


道中 いろいろなキャラクターがいて、
話を聞くことになるのですが、
やはり メッセージスピードが
スローな上、
例え1度 聞いたことのある話でも
主人公が触れると
何度でも同じ話を聞くハメになります。


次にどこで
何をしたらよいのかが
よく分かりません。

今の時代は
 プレイ動画があったりするので
 助かります。


そして、
パスワードやセーブ機能が無いため、
1プレイ1発勝負になります。


どこまで進んでいようが、
ラスボス戦であろうが
やられてしまったら ジ・エンド

コンティニューも無いので、
即タイトル画面行きです。





ここまで書いて、
悪いところばかりが
目立つゲームですが、
やり込んだ方の中からは、
ごく少数ですが、
「そんなクソでも無かった」
という声もありました。


テンポの悪さを除けば
確かにそれほど酷くはないのかな?
とも思えますが…




憧れのソフトだった

『エナジー』


小さい頃、
疾走感のあるパッケージイラストや
そのシンプルなゲームタイトルが
やけにかっこよく見えて、
いつか欲しいなーと、
憧れを抱いていたソフトでもありました。


元々は『アッシュ』という、
PC-8801用のゲームで
『エナジー』
その移植作だったのですね。


今回の記事を書くために
いろいろと調べるまで、
そのことは 知りませんでした。


パソコン版の内容のことは
あまり調べられなかったので
PCエンジン版の内容に絞って
書かせてもらっています。





アクションゲームとしての難易度は
たぶん、
それほど難しくはないと思うんですけど
解き方の難易度が酷いですよね。


今回 プレイ動画を
一通り見させてもらったのですが、
「なるほどなるほど」
の連続でした。


解き方が分かっていると
面白いのかもしれない?ので
またいつか
遊ぶことができたらいいな、と

思っておきます。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
読んでる限りは、今やるとかなりイライラしそうですね(笑)
一見興味がそそられそうな感じのゲーム化と思ったんだけどなぁ
2013/05/31(金) 23:39 | URL | ぱに~に #-[ 編集]
何の情報も無しに 初めてプレイすると たぶん途中で詰まりますw
私も 最初は水に落ちて即ゲームオーバーでした。
イライラ通り越して 呆然としました。

でも、プレイしたことのある方の意見を見る限りでは、どうもこのゲーム
割と 愛されてるク○ゲーのようです(^_ ^;)
2013/06/01(土) 00:17 | URL | Dotama #-[ 編集]
当時中古700円で売られてたw

情報ないと透明な敵のところで詰まるよな
2016/02/28(日) 23:20 | URL | 芸ニューの名無し #-[ 編集]
コメントありがとうございます!

今でも、700円では高く感じてしまいます。

ゲームタイトルとパッケージの絵は とても好きです。
2016/02/29(月) 20:50 | URL | Dotama #-[ 編集]
はじめまして
このエナジーは自力クリアしたためか
個人的には思い出深い一本ですね
当時は、ネットもなかったし
こんなクソゲ・・・ゲフンゲフン、個性的なゲームの攻略法もありませんでしたしねw
2016/12/10(土) 11:28 | URL | もののふ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

私も この『エナジー』は、
PCエンジンの中でも 印象深いソフトの1つです。

同じメサイヤ作品で
『謎のマスカレード』という作品があるのですが、
個人的に、こちらも過去の自分に
強烈な印象を 焼き付けてくれた1本です。
2016/12/12(月) 23:21 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5540-168cc516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック