ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2013年5月7日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
任天堂
 発売日 1993年3月23日
価格6500円
 何ゲー?ゆるふわアクションゲー
 おすすめ度★★★★★★★★★☆
夢の泉の物語 タイトル

神おす認定!


CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
ゲームボーイ版で人気を得たアクションゲームのファミコン版です。

新たに、カービィが吸い込んだ敵の攻撃方法を
自分のものにでいるという能力が加わり、
20種類以上の特殊な攻撃ができるようになりました。


大技林のゲーム通信簿76点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どんなゲーム?
1ステージクリア型のアクションゲームです。

レベルという名目で エリア分けがされていて、
各レベルに用意された 全てのステージをクリアすると
ボスが現れるので、そいつを倒すと 次のレベルへと進めます。

主人公であるカービィは 敵を吸い込むことができ、
特定の敵を吸い込むことによって、
様々な特殊能力を使うことができるようになります。

『ロックマン』では、ボスを倒すことによって特殊能力を得ていましたが、
このゲームでは、その場で 敵の特殊能力が使えるようになるような感じです。

ステージ中には 特殊能力を使わないと行けないような場所も?

「スカ」もあります。


コメント
実際に遊んでみると分かると思うのですが、
実によく動きます。

カービィの動作パターンの多さには ただただ驚くばかりです。


よく動くのは カービィだけではないのですが、
特に、カービィに関しては 通常の動きに加えて
特殊能力毎に それぞれ違った動きのパターンを持っていて、
それでいて それぞれ特徴的な攻撃方法を持っているのです。


あまりにもよく動くので、
一瞬でも ファミコン作品であることを忘れてしまうくらいです。


カービィが飛んでいる時の浮遊感も、
コントローラーを通して 伝わってくるように感じられます。


ゲームバランスも絶妙で、
ちょうどプレイヤーが ゲームに慣れてきたような頃に
段々とゲームが難しくなって、
特に、ボス戦の難易度に関しては むしろきついくらいに。


ただ、私のように
ゲームボーイ版の『星のカービィ』に慣れ親しんだ者が
あの感じをイメージして 
いきなり このファミコン版をプレイしたりすると、
あまりに急激なアクション要素の増加に対して、
戸惑ってしまうかもしれないです。


星のカービィ 夢の泉の物語
任天堂 (1993-03-23)
売り上げランキング: 3,175



ファミコン 星のカービィ 夢の泉の物語 攻略

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
この『夢の泉の物語』(よく『星の泉の物語』と間違えやすい)は、
もうずっと前に WiiのバーチャルコンソールでDLをしていて
そのまま クリアしていなかったゲームだったので、
この機会にクリアを目指そうと思い 久しぶりにプレイ再開しました。

確か、自分が Wiiで初めてダウンロードしたゲームじゃなかったかな?


この、少し前に遊んでいたゲームが
どれも 鬼畜難易度ゲーばかりだったので
今回は とてもまったりとプレイすることができました。(´∀ `*)


いや~、今回は説明書やら攻略情報やら
何も見ないで遊んでみたのですが、
なので、ダッシュの存在も知らなかったりしたのですが…

クリアしてから その振り返りも兼ねて、プレイ動画を見てみたら
思わず 最初のステージからラスボス撃破のところまで
ぶっ通して 動画を見てしまいました。


いろんな所にある隠し要素が分かったり、
特に、特殊能力を取った後のカービィの動きがどれもかわいらしくて
ずっと見ていても 全く飽きませんでした。

実際に遊ばなくても、見ているだけでも楽しいんですよ。


プレイ動画を見て、改めて このファミコン作品は凄い!と思わさせられましたね。
同じアクションゲームの、この作品に近いものを感じました。


個人的には、初見プレイ時のステージ7-6が衝撃的でした。
思わず声が出ましたよ。

関連記事

スポンサード リンク

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
カラオケ名人
お、来ましたな。
ダッシュを知らなかったとは…
それでクリアしたのは凄い!
縛りプレイそのものではないですか?

アクションがカワイイし、コピー能力の説明なんかも読むのも楽しい。
音楽もいいし、ラストステージ前にモノクロになるけどゲームボーイ版の曲なんかも流れて嬉しい。
様々な工夫が凝らされた神ゲーだと個人的に思っています。


エキストラモードは実機ではセーブ不可。体力3というシビアなモード。
ただ、コレをクリアするとサウンドモードが付きますぞぃ。
2013/05/07(火) 06:31 | URL | 髭人 #-[ 編集]
デデデ大王もかわいらしく
エクストラモード 相当難しそうですね… (ー ー;)
ただ そこを乗り越えた後の サウンドテスト、また格別でしょうね。


ダッシュ機能を知っていたとしたら、
難易度は もっと易しく感じていたのでしょうか?w

残機がめちゃ貯まってたのに
メタナイト戦で 物凄く削られてしまいました。
結果ゴリ押しで凌いでしまった…

今回 Wiiでのプレイなので ファミコン版とはまた異なるプレイ感覚なのだと思いますが
間違いなくこの作品は ファミコンを代表する名作ですね。
2013/05/08(水) 00:58 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5517-25514a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック