ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2013年4月27日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
ディスクシステム
 メーカー
任天堂
 発売日 (前編)1988年4月27日
(後編)1988年6月14日
価格
 何ゲー?ファミコン探偵ゲー
 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
消えた後継者 タイトル

CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミマガオールカタログ)

本格的ホラーアドベンチャー!


任天堂のディスク2枚組アドベンチャーゲーム第2弾で
本格的なホラーとして 人気が高い作品です。

特に難しくも易しくもなく、
誰でも楽しむことができる設定になっていて、
自らが探偵となって 事件を解決していくという内容です。

なお、前編のディスクが無いと
後編は遊ぶことができないので 気を付けましょう。


大技林のゲーム通信簿77点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント
昔ながらのアドベンチャーゲーム好きの方なら
とても楽しめる作品だと思います。

難易度も、詰まるような場面があるかもしれませんが、
それほど 難しい訳ではありません。
(時々、「これだ」と思う単語を 入力しなければならない場面もあります)

ただし、最近のゲームに慣れていると、
どうしても 文字が表示されるスピードの遅さがネックになるかと。

次から次へと展開していくストーリーの見せ方は 上手いなぁ、と思います。









ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 攻略


スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
今回 3DSのバーチャルコンソールで配信されたので
ファミコン探偵倶楽部、初めて遊ばせて頂きました。
(たぶん…初プレイ。昔 やったような気もするけど、定かではない…)


前後編がまとまった形での配信でしたので、
実際のディスクシステム版とは 中身が少し違っているかと思います。
バーチャルコンソール版では、
ローディングも ほとんどありませんでした。


当時 小さかった子にとっては、
これは 結構トラウマゲーになるかもしれませんね。

音楽も不気味なものが多いし、タイトル画面からしてアレなので。


ゲーム中に、自分で考えた答えを
文字入力しなければならない場面が何度かありましたが、
ゲーム全体を通して、
自分で推理をして解いた
という感覚はそれほど無く(個人的にはですが)
展開していく話を 読み進めていったような感じが強かったので、
推理ゲーというより、ノベルに近いのかも印象を受けました。


ストーリーは面白いんだけど、先に書いたように
どうしても 会話の表示スピードが遅いので
アドベンチャーゲームをやる上で これは仕方ないのですが、
さっき聞いたばかりの会話を もう1度、または何度も
ゆっくりと聞かされることになるのには 苦労しました。


来週は また、3DSバーチャルコンソールにて
続編である 『うしろに立つ少女』が配信される予定ですので、
こちらの方も プレイしていきたいと思います。
初回投稿時の情報です。


神田の秘書が 「ぷんぷんと怒ったところが
個人的にツボでした。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
うしろに立っていたのは…
今頃は少女の正体を解き明かしているのかもしれませんね。

子供の頃、兄や父がやっていたのを見ていました。
話の内容など全く分からずただストーリーが進行している所だけを見て喜んでいましたわ。

それで事件現場を見てトラウマになりかけましたが(苦笑)
2013/04/28(日) 20:40 | URL | 髭人 #-[ 編集]
死体の描写とか結構リアルですよね。

音楽とか含めて ゲームの雰囲気が なんだか怖いので
子供の頃にプレイされた方は
「みんなのトラウマゲー」 になるのではないでしょうか?

動画のコメントとか見てると
お寺にいる げんしん さんの所が
怖かったという方が 多くいらっしゃったようです。
2013/04/28(日) 23:04 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5506-dc4004bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック