ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


この記事は 2013年4月19日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
ココナッツジャパン
 発売日 1990年10月23日
価格2980円
 何ゲー?あみだくじゲー
 おすすめ度★★☆☆☆☆☆☆☆☆
アミーダ君 タイトル

非おす 認定!


↑フランス語です

ゲーム紹介(参照:ファミマガオールカタログ)

アミダを使った迷路パズル

アミダをつたっていくコロ助を、
アミータ君を使って 家まで送り届けるというゲームです。

アミーダ君は、アミダの横棒を自由に置くことができます。


大技林のゲーム通信簿53点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


レビュー
発想自体は面白いとは思うけど、ゲームとして見ると…
コロスケ君の起動位置が重要で、
この位置によって、1回のプレイの難易度が変わったり、
最悪その時点でアウト確定、なんてこともある。
ステージのパターンが決まっているので、覚えてしまえば
突破はできるかもしれないけど、そこまでしたくはないかな。

アミーダくん

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント(ネタバレあるかも…)

どんなゲーム?

玉の形をしたコロスケ君が、あみだくじ状をした通路を
上から下に向かって歩いていきます。

一番下にある家に辿り着ければゴールですが、
通路の途中には ワナがあったりして
そこにコロスケ君が行ってしまうと アウトです。

プレイヤーは、アミーダ君という棒状のキャラを動かして
コロスケ君が 上手く家まで帰れるように
誘導してあげなければなりません。


コロ助…だと?

「~ナリ」の方とは違うんです。

ココナッツジャパンと言っても、パチ夫くんとも違うんです。

ゲームタイトルからすると、主役はコロスケ君じゃなくて
コロスケ君を誘導する側の、アミーダ君なのですが
プレイしていると、どうもコロスケ君の方が
主役のような気がしてきてしまうのですよね。


やる気スイッチは逃げ出した!

このゲーム、最初 説明書無しにプレイしたのですが
まったく意味が分からずに
ただ コロスケ君が勝手にテケテケと歩いていって
はい、やられて終わりという感じでした。

その後 とてもやる気は起こらず…


恐らく 私が今後このゲームを再プレイ、
そして ハマることは無いんじゃないかなと思います。

今回の記事を読んで頂いて
『それ行け!アミーダ君』が どんなゲームなのかが気になった方は
ぜひ1度、そのテイストを 実際に味わってみてもらいたいですね。


どたまが このゲームで一番印象的だったところ
タイトル画面の『阿弥陀』の漢字

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5498-e2e74c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック