ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


この記事は 2013年3月17日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
スクウェア
 発売日1989年12月15日
価格3500円
 何ゲー?かみゲー
 おすすめ度★★★★★★★★☆☆
魔界塔士サガ タイトル

激おす認定!



ゲーム紹介(参照:ファミマガオールカタログ)

ゲームボーイの大人気RPG

ゲームボーイ初の本格RPGとして 話題となったゲームです。

ファミコンの『ファイナルファンタジー』の流れを汲みつつ
ゲームボーイ用ソフトとして 上手くアレンジされています。


大技林のゲーム通信簿81点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
容量の関係もあって、内容には粗さが目立つ。
だけど、逆にそれが想像力を掻き立てる。
昔のゲームは 空白箇所があっても
それをプレイヤーが、頭の中で勝手に補って 世界を完成させていた。
私にとって『魔界塔士Sa・Ga』は、その代表的な作品。


これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ


せかいの まんなかにたつ とうは
らくえんに つうじている という

はるかな らくえんを ゆめみて
おおくの ものたちが
このとうの ひみつに いどんでいった
だが かれらの うんめいを
しるものはない

そして いま またひとり…


魔界塔士Sa・Ga。

個人的には 意外なことだったのですが
スクウェア初の ミリオンセラータイトルだそうです。

発売から25年近く経っていますが
このオープニングは 何度見ても印象的ですね。
なんという、「サガの歴史は ここから始まった」感。


このゲーム、システムが少し変わっていて、
LVの概念が無く、人間やエスパーなど
それぞれの種族ごとに 異なる成長方法が用意されています。

武器にはそれぞれ 使用制限があり、
攻撃することで その数が減っていき
0になると その武器は消滅します。


普通のRPGとは違い、システムに少しクセがあるのが
サガシリーズの特徴なのだと思います。


あと、キャラクターの放つセリフがすごい。
1つ1つのセリフが 簡単(単調?)なのです。

この辺りは実際に プレイしてもらうと分かると思うのですが
急に 主人公がべらんめえ口調だったり、お店の人がいきなりキレてたりと。

でも それがいい味出してるんですよね。


ゲームも後半になると
結構、長文でシリアスなセリフが出てきたりするので
逆にそれが 活きてくる感じがします。


それと、このゲームでは 音楽の話題は外せません。

タイトル画面で流れる音楽から、エンディング曲に至るまで
本当に名曲揃いだと思います。

その辺りもじっくり味わいながら、プレイしてもらいたいと思います。

魔界塔士Sa・Ga
魔界塔士Sa・Ga
posted with amazlet at 15.01.27
スクウェア (1989-12-15)
売り上げランキング: 3,527

スポンサード リンク


このゲームを振り返って
「何ゲー?」の項目を かみゲーにしたのですが、
プレイ済の方なら その理由がお分かりになるかと思います。 

有名なのは ラスボスですよね。
ラスボスに対する一撃必殺技。

もしかすると、  チェーンソー  (反転で表示)は
「はんにんはヤス」
に匹敵するくらいの ネタバレなのかもしれません。


昔 遊んだ時、私もこの技のことを知っていたので使ってしまい、
ラスボスを 瞬殺してしまったのですが、
今回改めて ラスボスを普通に倒している動画を見てみて、
そのBGMのかっこ良さに まぁ、しびれました。(^ _ ^;)

こりゃ、もったいないことしてたなぁ、と…
(恐らく そんなプレイヤー、ごまんといるぞ)

でも確か、ラスボスが倒せちゃうから そのインパクトもあって
 ラスボスに対する一撃必殺技ということで有名になってるけど
 途中のボス戦でも この技は効いたはず…


セリフ。


単調ながらも、数多くの印象的なセリフがあった今作。
中でも 個人的に印象深かったのが


「やっちまったぜ…」(反転で表示)


という ラスボスを倒した後のセリフでした。

「てめーだけは絶対に 許さねぇ!」
と、戦う前は あれほど意気込んでいたのに
いざ倒してしまったら、まるで罪を犯してしまったかのような一言。

まぁ、あんなラスボスを倒したら そう思うのが普通かも。


今 世に出ているRPGと比べれば、
とてもシンプルで、決して派手さはありませんが
未だこれだけ 魅力を放つ作品です。

レビューでも 同じことを書きましたが、
プレイヤーが、足りない部分を 想像で補いながら
独自のゲーム観を描いていけるようなところが
レトロゲームの良さなのだと思います。


「せっかくだけど、
 おれは このとびらを あけないぜ!」



海外でのゲーム名
The Final Fantasy Legend

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5464-03279a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック