ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

スポンサードリンク


この記事は 2013年1月21日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
トーワチキ
 発売日1988年5月13日
価格5800円
 何ゲー?シャーロック・ホームズ
ゲー
 おすすめ度★★★★☆☆☆☆☆☆
名探偵ホームズ 霧のロンドン殺人事件 タイトル

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

ホームズの推理が冴える!!


行方不明に殺人事件。
助手のワトスンと一緒に、ロンドン中を駆け巡って
複雑に絡み合った謎を解き明かしましょう。

シーン数は1000以上あり、
ゲーム中の登場人物は44名います。


1_20170109022708c7a.jpg 2_20170109022713d4d.jpg
        ↑さあ推理しよう                ↑フィールド画面だ


大技林のゲーム通信簿 54点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
推理パートは良い感じなんです。

だけど、このゲーム
”捜査”する”操作”に難がある。

フィールド画面では 動きがモッサリで動かしにくく、
加えて どこが何の建物なのかが把握し辛いという
ある意味、現実の捜査に近いのかもしれないゲームなのです。


これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ
推理物のアドベンチャーゲームです。
シャーロック・ホームズワトスンが 事件解決を目指します。


ゲームタイトルにもあるように ロンドンが舞台な訳ですが、
アドベンチャー(推理)パートと フィールドパートに分かれていて
移動する時には RPGのように
目的の場所まで歩いて向かわねばなりません。


ところがどっこい。
このフィールド画面、どこに何の建物があるのか判別し辛くて
目的の場所を探し出すことが かなり厳しいのです。


一応 所々に馬車が用意してあって、
それを使えば 簡単に目的地まで行くことができるのですが、
それには お金がかかる上に、
手持ちのお金には限りがあるので、
これからゲームを進めていくのに
お金を使わなければならない所もいくつか出てくることを考えると、
節約のために なるべく徒歩で各地を回りたいところ…


しかも レビューで書いたように、このゲームは
移動時の動きが大変もっさりしていて操作しにくいのです。


なので、このゲームを遊ぶ時には
まず そこを乗り越えなければならないと思います。


推理パートは なかなか凝った作りになっていると思うのです。


でも、怪しい所を調べる時には 虫めがねを使って
「ここだよ、ここ!」
と位置を指定する必要があるのですが、
その場所を探しだすのが 難しい。

とても難しい。


私のように、
「ホームズ」という名前くらいしか知らない者がプレイすると、
操作性の部分とかが かなりネックになってくるのですが、
原作を知っている方なら、このような
多少難あるゲーム性の部分にさえ目をつぶれば、
なかなか 味わって楽しめるゲームなのかもしれません。


名探偵ホームズ 霧のロンドン殺人事件


名探偵ホームズ 霧のロンドン殺人事件">名探偵ホームズ 霧のロンドン殺人事件
スポンサード リンク




ゲーム開始時には
なかなか雰囲気ある感じなんですよね。

前作とは うって変わって…


前作は アクションゲームでしたものね。
それに比べれば、まだ 『名探偵ホームズ』らしい?


私はこのゲーム 攻略サイトを見ながら遊んだのですが、
それでも 途中から何をやってるのかよく分からなくなりました。

なので、このゲームのことを振り返ってみて
内容は ほとんど覚えていないと言う…(


たぶん、今
「犯人は誰だったか?」
と聞かれても 既に答えられないと思います(笑)


フィールド画面のBGMは 個人的に、かなりお気に入りの1曲です。
まるで 歌詞が付いているかのような曲です。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5398-38ae721e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック