ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

この記事は 2012年12月17日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
ナグザット
 発売日 1992年7月17日
価格4980円
 何ゲー?変態シューティングゲー
(いい意味で)

 おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
サマーカーニバル’92烈火 タイトル

おすすめ認定!


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
銀河系とアンドロメダに迫る、謎の宇宙艦隊に
最新巡行戦闘機・RECCAが挑むという、
縦スクロール式のシューティングゲームです。

3つのモードがあって、
スコアアタックとタイムアタックのモードは
大会競技用のモードとなっています。


大技林のゲーム通信簿56点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまの一言
発売当時は 評価が低かったらしいこのゲーム。

普段シューティングゲームをやらない、
私が見ても分かる 技術力の高さ!

そして 難易度の高さ!

低評価だったのは 難し過ぎたから?

ゲームの技術力を味わう分には良いけれど、
シューティングを味わおうとするなら
相当 覚悟して挑む必要があるようです。

これで当時4980円だったって、マジすか…?


サマーカーニバル'92 烈火
ナグザット
売り上げランキング: 20162


サマーカーニバル’92 烈火 攻略


スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
このゲームは つい最近
3DSのバーチャルコンソールで配信され話題になってましたが(記事初投稿時)
私も前々から気になっていた作品だったので、プレイしてみることにしました。


このゲームについては
ファミコンで、プレミアソフトというくらいの予備知識はあったのですが、
中身については シューティングであるという事くらいしか知りませんでした。


実際に遊んでみた感想を言えば、難しい。

これに尽きます。


ゲームスタート時の残機数は 結構多めだと思うのですが、
普通にプレイしても、恐らく すぐに減っていってしまいます。


ツイッターで、フォロワーさんに 無敵モードの存在を教えてもらい、
それで 表面の4面と、裏面の7面を クリアーしました。
(なので、純粋に ゲームをクリアーできた!とは言いません)

ゲームには 制限時間があるようなので、
無敵状態とは言え、裏面は焦りました。
表面を”表烈火”、裏面を”裏烈火”と言うらしいです。


ボムが強力で、バリアーにもなるので
これを駆使しながら 先へ進めていく感じです。

どちらかというと、ボス戦よりも 道中の方が厳しかった…




あとこのゲーム、グラフィックが凄いんです。


敵キャラが出まくりなのは プレイ動画で見てもらっても一目瞭然なのですが、
背景が ファミコンとは思えないような動きをしていることに気が付くと思います。
調べたら、ラスタースクロールという技法を使っているそうです。


背景がウネウネ動いていて、
ずっと見てると 何だか気持ちが悪いのですが
実際にプレイしていると、
そんなもの見ている余裕などない!


ついでに言うと、ゲーム中 セレクトボタンで
自機のスピードを変えることができるのですが
そんなもの押しているヒマもない!


ないのだ。


…1UPを取りに行く途中に、撃墜されるよ!



私は 普段あまりシューティングをやらないし、
単に昔から シューティングゲームベタなのだと最初思ってたけど、
このゲームについては、確かに難しい作品だったのだと分かって少し安心しましたw


特に ラスボスの動きにはびっくりしましたね。

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5348-e48e4019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック