ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年11月27日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
PCエンジン
 メーカー
パック・イン・ビデオ
 発売日 1989年3月31日
価格5300円
 何ゲー?限りなくブラックに近い
深海探索ゲー
 おすすめ度★★☆☆☆☆☆☆☆☆
ディープブルー 海底神話 タイトル

非おす認定!



どんなゲーム?(参照:超絶大技林)

このゲームは、魚の形をした潜水艦が自機になっています。
敵も 魚たちです。

自機は、ダメージを受けると 目の色が変化して状況を知らせます。

3種類のショットがあり、それぞれ3段階にパワーアップします。


レビュー

優雅な音楽と 美しいグラフィック。この点は評価できるのです。
しかしどうも、シューティングゲームとしての出来は…
せっかく 音楽も優雅で、グラフィックも美しいのなら
それを少しでも、堪能させてくれてもいいのに
このゲームはきっと、そんなことは許してはくれないでしょう。
さかなクンさんにも ぜひプレイしてもらいたいゲームです。

Deep Blue・海底神話 【PCエンジン】
        
スポンサード リンク


このゲームについてのコメント(ネタバレあるかも…)

そりゃ違うゲームだって


これが 『アクアノートの休日』ですかー。
自分、このゲームは 未プレイなんですよね…
  

  お、おさかな天国ッツ!


Fin


たくさんのおさかなたちが 本格的に殺しにかかってくるゲームです。
ゆったり 魚を鑑賞しているヒマなど微塵もありません!

とにかく 魚たちの勢いが激し過ぎて
まるで魚群リーチの中に 自ら突っ込んでいくようだ!


おや?音楽が変わったぞ。
ようやくボスの登場か、やれやれどっこい!
まだまだ 続くよ~。 ┐(´ー `)┌


バフン

自機の爆発と共に「Fin」の文字が現れ 海底神話終了。


どたまが このゲームで一番印象的だったところ
やっぱり イカの大群。

関連記事

スポンサード リンク

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5334-73a7e4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック