ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2012年11月16日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
ナムコ
 発売日 1984年11月8日
価格4900円
 何ゲー?有名縦シューティングゲー
 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
ゼビウス タイトル

CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

ファミコン初期の名作!

第1次ファミコンブームを築いた、シューティングゲームの名作です。
移植度も なかなかのもの。

遠藤雅伸氏が手掛けた作品としても有名です。


大技林のゲーム通信簿点数無し
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


ゼビウス
ゼビウス
posted with amazlet at 12.11.16
ナムコ
売り上げランキング: 122722



ファミコン ゼビウス 攻略

スポンサード リンク


このゲームを振り返って

テーッテ テラレレッテ レッテロッテ~ テレッテ テーッテ テラレレッテ レッテレッテー


小さい頃は 訳も分からず延々とプレイしてました。
いつも途中でやられてばかりだったから、
自然と 上に書いた音楽を何度も聴いて育ちました。


波に乗ると ゲームは延々と続いて、
そのうち 後ろでリピートする音楽も気になってきて。


ピロリロリロリロピロリロリロリロピロリロリロリロピロリロリロリロピロリロリロリロピロリロリロリロ


私が気が付いた頃には(確か幼稚園の頃)
家にもう、このソフトがあったので
このゲームの内容については そんなに詳しくは知らなかったのですが、
今回の記事を書く際に 『ゼビウス』について色々と調べてみると、
設定の細かさとか、その奥深さとかに 驚かさせられました。

なんと 弾にまで名前が付いているんだとか。


そういうの踏まえた上で 遊び直すと
違った味わいがあるかもしれませんね。


ボンッ!

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
256発撃っても破壊不可
確かにちょっと調べてみて驚きましたわ。ゼビ語とか…
確か小説も出ているとか…
昔のファミコンは妙に設定が凝っているものが多々ありました。
但し、その多くはゲーム中にその深さを体感できないものがほとんどですが(笑)
製作者のオナ○ーみたいなものなのかもしれません。
2013/02/18(月) 21:12 | URL | 髭人 #-[ 編集]
何気にプレイしてきたゲームでも
設定がとても深い作品があったりするのですよね。
大抵は子供の頃にプレイしているので
作者の伝えたかったことなどお構いなしで
ただ単純に ゲームに熱中してきたのがほとんどでしたがw
2013/02/19(火) 01:30 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5323-c43e6006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック